Main Content

matlab.mixin.CustomDisplay クラス

パッケージ: matlab.mixin

オブジェクトの表示をカスタマイズするインターフェイス

説明

このクラスは、MATLAB® によるオブジェクトの表示方法をカスタマイズするためのインターフェイスを提供します。クラスにカスタム表示機能を追加するには、matlab.mixin.CustomDisplay からクラスを派生させます。

classdef MySubClass < matlab.mixin.CustomDisplay
    ....
end

matlab.mixin.CustomDisplay は、オブジェクト表示をカスタマイズするためにサブクラスでオーバーライドできる保護メソッドを定義します。特定のメソッドをオーバーライドすることにより、オブジェクト表示の特定の側面をカスタマイズできます。オブジェクト表示のカスタマイズの詳細については、カスタム表示インターフェイスを参照してください。

matlab.mixin.CustomDisplay は、3 つの隠されたパブリック シールド メソッド dispdisplaydetails も実装します。

disp および display は簡単なオブジェクト表示を提供します。details メソッドは、オブジェクト情報の正式な表示を提供します。

メモ

matlab.mixin.CustomDisplay を使用して列挙型クラス用のカスタム表示を派生させることはできません。代替方法については、関数 disp のオーバーロードを参照してください。

クラスの属性

抽象型
true
HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

このクラスは、getFooter メソッドをオーバーライドしてカスタム フッターを追加します。

classdef MyClass < matlab.mixin.CustomDisplay
    properties
        Prop1 = 10
        Prop2
    end
    methods (Access = protected)
        function s = getFooter(~)
            s = 'Here is my custom footer';
        end
    end
end
myObject = MyClass
myObject = 

  MyClass with properties:

    Prop1: 10
    Prop2: []

Here is my custom footer

getFooter の既定の実装は、空の文字ベクトルを返します。MyClass はこのメソッドをオーバーライドして、テキスト Here is my custom footer を返します。

ヒント

MATLAB は、オブジェクトを次のいずれかの形式で表示します。

  • 削除されたスカラー ハンドル オブジェクト

  • 空のオブジェクト配列

  • スカラー オブジェクト

  • 非スカラー オブジェクト配列

各形式にはヘッダー、プロパティのリスト、フッターの 3 つのセクションがあります。すべての形式に既定の実装がありますが、クラスではこれらの形式をいずれもカスタマイズできます。

バージョン履歴

R2013b で導入