Main Content

displayEmptyObject

クラス: matlab.mixin.CustomDisplay
パッケージ: matlab.mixin

空のオブジェクト配列の表示形式

構文

displayEmptyObject(obj)

説明

displayEmptyObject(obj) は、obj が空の配列である場合に disp によって呼び出されます。オブジェクト配列の 1 つ以上の次元がゼロの場合は、オブジェクト配列が空です。このメソッドをオーバーライドし、空のオブジェクト配列の表示をカスタマイズします。

空のオブジェクトの既定の表示は、ヘッダーとプロパティ名のリストで構成されます。ヘッダーはオブジェクトの次元を表示し、プロパティはクラス定義で定義された順にリストされます。displayEmptyObject は、GetAccesspublicHiddenfalse に設定されたプロパティのみを表示します。

空のオブジェクト配列はスカラーではありません。空の配列の場合はその次元に関係なく、MATLAB® は空の配列に対して displayScalarObject を呼び出しません。

入力引数

すべて展開する

表示する空のオブジェクト配列。obj のクラスは、matlab.mixin.CustomDisplay から派生させなければなりません。

属性

Accessprotected

メソッドの属性の詳細については、メソッドの属性を参照してください。

displayEmptyObject を実装するクラスの例については、オブジェクト配列表示のカスタマイズを参照してください。

バージョン履歴

R2013b で導入