Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matches

パターンが string と一致するかどうかの判別

説明

TF = matches(str,pat) は、指定されたパターンが str と一致する場合に 1 (true) を返し、それ以外の場合に 0 (false) を返します。

pat が複数のパターンを含む配列の場合、matches は、pat のいずれかの要素が str と一致することを検出した場合、1 を返します。

TF = matches(str,pat,'IgnoreCase',true) は、patstr と一致するかどうかを判別するときに大文字小文字の区別を無視します。

すべて折りたたむ

string 配列を作成します。

str = ["Mercury","Venus","Earth","Mars"]
str = 1x4 string
    "Mercury"    "Venus"    "Earth"    "Mars"

"Earth" と一致する string を見つけます。1 に等しい各要素の位置が、str 内で一致する string の位置に対応する logical 配列を返します。

TF = matches(str,"Earth")
TF = 1x4 logical array

   0   0   1   0

TF を使用して str にインデックスを付けることにより一致を表示します。

str(TF)
ans = 
"Earth"

"R2020b 以降"

数値を表す string 配列を作成します。一部の数値は接頭辞 0x をもつ 16 進数です。

str = ["137","0xA7B","0x1248","72","0xG7"]
str = 1x5 string
    "137"    "0xA7B"    "0x1248"    "72"    "0xG7"

16 進数に一致するパターンを作成します。単一の 16 進数を一致させるには、任意の桁、任意の大文字 AF、または任意の小文字 af と一致するパターンを指定します。次に、0x で始まり、その後に任意の桁数の 16 進数が続くパターンを指定します。

pat = digitsPattern(1) | characterListPattern("A","F") | characterListPattern("a","f");
pat = "0x" + asManyOfPattern(pat)
pat = pattern
  Matching:

    "0x" + asManyOfPattern(digitsPattern(1) | characterListPattern("A","F") | characterListPattern("a","f"))

一致する str の要素を見つけます (エラーが含まれているため、最後の要素は一致しません。G は 16 進数ではありません)。

TF = matches(str,pat)
TF = 1x5 logical array

   0   1   1   0   0

一致を表示するには、TF を使用して str にインデックスを付けます。

str(TF)
ans = 1x2 string
    "0xA7B"    "0x1248"

pattern オブジェクトを作成する関数の一覧については、patternを参照してください。

16 進数の詳細については、16 進数値と 2 進数値を参照してください。

string 配列を作成します。

str = ["Mercury","Venus","Earth","Mars"]
str = 1x4 string
    "Mercury"    "Venus"    "Earth"    "Mars"

"Venus" または "Earth" のいずれかに一致する str の要素を見つけます。

TF = matches(str,["Venus","Earth"])
TF = 1x4 logical array

   0   1   1   0

TF を使用して str にインデックスを付けることにより、一致を表示します。

str(TF)
ans = 1x2 string
    "Venus"    "Earth"

string 配列を作成します。

str = ["Mercury","Venus","Earth","Mars"]
str = 1x4 string
    "Mercury"    "Venus"    "Earth"    "Mars"

大文字小文字の区別を無視して "earth" に一致する str の要素を見つけます。

TF = matches(str,"earth","IgnoreCase",true)
TF = 1x4 logical array

   0   0   1   0

一致する string を表示します。

str(TF)
ans = 
"Earth"

入力引数

すべて折りたたむ

入力テキスト。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

検索パターン。次のいずれかとして指定します。

  • string 配列

  • 文字ベクトル

  • 文字ベクトルの cell 配列

  • pattern 配列 "(R2020b 以降)"

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2019b で導入