ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

contour

説明

contour(Z) は、行列 Z の等値線を含む等高線図を作成します。Z には x-y 平面上の高さの値が含まれます。MATLAB® は表示する等高線を自動的に選択します。Z の行インデックスと列インデックスは、それぞれ平面の x 座標および y 座標です。

contour(X,Y,Z) は、Z の値に x 座標および y 座標を指定します。

contour(___,levels) は、前述の任意の構文における最後の引数として、表示する等高線を指定します。スカラー値 n として levels を指定し、自動的に選択されたレベル (高さ) n の等高線を表示します。特定の高さの等高線を描画するには、単調増加する値のベクトルとして levels を指定します。1 つの高さ (k) の等高線を描画するには、levels を 2 要素の行ベクトル [k k] として指定します。

contour(___,LineSpec) は、等高線のスタイルと色を指定します。

contour(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、等高線図の追加のオプションを指定します。オプションは他のすべての入力引数の後に指定します。プロパティの一覧については、Contour のプロパティ を参照してください。

contour(ax,___) は、ターゲット座標軸に等高線図を表示します。前述の任意の構文で、最初の引数として座標軸を指定します。

M = contour(___) は、各レベルの頂点の (x, y) 座標を含む等高線行列 M を返します。

[M,c] = contour(___) は、等高線行列と contour オブジェクト c を返します。等高線図の表示後にプロパティを設定するには、c を使用します。

すべて折りたたむ

x-y 平面にグリッドを定義する行列 X および Y を作成します。行列 Z をそのグリッドから上の高さとして定義します。その後、Z の等高線をプロットします。

x = linspace(-2*pi,2*pi);
y = linspace(0,4*pi);
[X,Y] = meshgrid(x,y);
Z = sin(X)+cos(Y);
contour(X,Y,Z)

ZXY の関数として定義します。この例では、関数 peaks を呼び出して XYZ を作成します。その後、Z の 20 本の等高線をプロットします。

[X,Y,Z] = peaks;
contour(X,Y,Z,20)

関数 peaksZ = 1 の等高線を表示します。

[X,Y,Z] = peaks;
v = [1,1];
contour(X,Y,Z,v)

関数 peaks の等高線図を作成し、破線のライン スタイルを指定します。

[X,Y,Z] = peaks;
contour(X,Y,Z,'--')

Z を 2 変数 XY の関数として定義します。その後、その関数の等高線図を作成し、ShowText プロパティを 'on' に設定してラベルを表示します。

x = -2:0.2:2;
y = -2:0.2:3;
[X,Y] = meshgrid(x,y);
Z = X.*exp(-X.^2-Y.^2);
contour(X,Y,Z,'ShowText','on')

関数 peaks の等高線図を作成します。LineWidth プロパティを 3 に設定して、等高線を太くします。

Z = peaks;
[M,c] = contour(Z);
c.LineWidth = 3;

表面の不連続な位置に NaN 値を挿入します。関数 contour はこれらの領域に等高線を描画しません。

行列 Z を関数 peaks のサンプリングとして定義します。列 26 のすべての値を NaN 値に置き換えます。その後、変更した Z 行列で等高線をプロットします。

Z = peaks;
Z(:,26) = NaN;
contour(Z)

入力引数

すべて折りたたむ

x 座標。Z と同じサイズの行列、または長さが n のベクトル ([m,n] = size(Z)) として指定します。X の既定値はベクトル (1:n) です。

X が行列である場合、その値は 1 つの次元に沿って厳密に増加するか減少しなければならず、その他の次元に沿って一定でなければなりません。変化する次元は、Y で変化する次元と反対のものでなければなりません。行列 X と行列 Y を作成するには、関数 meshgrid を使用できます。

X がベクトルである場合、その値は厳密に増加するか減少しなければなりません。

例: X = 1:10

例: X = [1 2 3; 1 2 3; 1 2 3]

例: [X,Y] = meshgrid(1:10)

Contour オブジェクトの XData プロパティに x 座標が格納されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

y 座標。Z と同じサイズの行列、または長さが m のベクトル ([m,n] = size(Z)) として指定します。Y の既定値はベクトル (1:m) です。

Y が行列である場合、その値は 1 つの次元に沿って厳密に増加するか減少しなければならず、その他の次元に沿って一定でなければなりません。変化する次元は、X で変化する次元と反対のものでなければなりません。行列 X と行列 Y を作成するには、関数 meshgrid を使用できます。

Y がベクトルである場合、その値は厳密に増加するか減少しなければなりません。

例: Y = 1:10

例: Y = [1 1 1; 2 2 2; 3 3 3]

例: [X,Y] = meshgrid(1:10)

Contour オブジェクトの YData プロパティに y 座標が格納されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

z 座標。行列として指定します。この行列には、少なくとも 2 行と 2 列がなければならず、少なくとも 2 つの異なる値が含まれなければなりません。

例: Z = peaks(20)

Contour オブジェクトの ZData プロパティに z 座標が格納されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

等高線のレベル。0 または正の整数のスカラー、あるいはベクトルとして指定します。この引数を使用して等高線の数と位置を制御します。レベルを指定しない場合、関数 contour はレベルを自動的に選択します。

  • 自動的に選択された n 個の高さに等高線を描画するには、levels をスカラー値 n として指定します。

  • 特定の高さの等高線を描画するには、単調増加する値のベクトルとして levels を指定します。

  • 単一の高さ k に等高線を描画するには、levels を 2 要素の行ベクトル [k k] として指定します。

例: contour(peaks,10) は、関数 peaks の自動的に選択された 10 個の高さに等高線を描画します。

例: contour(peaks,[-4 0 4]) は、関数 peaks の特定の 3 つの高さ -40、および 4 に等高線を描画します。

例: contour(peaks,[3 3]) は、関数 peaks の高さが 3 の位置を示す等高線を描画します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ライン スタイルと色。ライン スタイルの記号または色のオプション、あるいはその両方を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ライン スタイルの記号は次の表にまとめられています。これらは任意の順序で指定できます。'o' などのマーカー記号は無視されます。

ライン スタイルと色の両方を指定する必要はありません。たとえば、ライン スタイルを省略して色を指定した場合、プロットは指定した色を使用して実線を表示します。

ライン スタイル説明結果として得られる線
-実線 (既定の設定)

--破線

:点線

-.一点鎖線

使用可能な色のオプションは次の表にまとめられています。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]

ターゲット座標軸。Axes オブジェクトとして指定します。座標軸を指定しない場合、contour は現在の座標軸にプロットします。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: contour(Z,'ShowText','on') は、等高線のラベルを表示します。

メモ

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Contour のプロパティ を参照してください。

等高線のラベル。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'off' — 等高線にラベルを付けません。

  • 'on' — 等高線に沿って高さの値を表示します。

等高線の幅。ポイント単位の正の値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。

等高線に沿ったラベルの間隔。ポイント単位のスカラー値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。このプロパティを使用して、等高線に沿った等高線のラベル数を制御します。値が小さいほどラベル数が多くなります。

LabelSpacing プロパティを有効にするには、ShowText プロパティを 'on' に設定しなければなりません。

関数 clabel を使用してラベルを表示する場合、LabelSpacing プロパティは無効になり、プロットはラインごとに 1 つのラベルを表示します。

出力引数

すべて折りたたむ

等高線行列。2 行の行列として返されます。この行列には、等高線のレベル (高さ) と各レベルの頂点の座標が含まれます。データは、n 本の等高線の場合、n セットの列に順番に配置されます。

  • 各セットの 1 番目の列には、等高線のレベルとそのレベルの頂点数が含まれます。上の行の数値は等高線のレベルで、下の行の数値は頂点の数です。

  • セット内の後続の列は頂点の座標 (x, y) です。各列は順序対を表します。上の行の数値は x 座標で、下の行の数値は y 座標です。

たとえば、等高線行列 M = contour(peaks(3)) の最初のいくつかの列は次のようになります。

Contour オブジェクトの ContourMatrix プロパティに等高線行列が格納されます。

Contour オブジェクト。等高線図が表示された後にプロパティを設定するには、このオブジェクトを使用します。

拡張機能

R2006a より前に導入