Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

contains

パターンが文字列内にあるかどうかの判別

説明

TF = contains(str,pat) は、str に指定されたパターンが含まれる場合に 1 (true) を返し、それ以外の場合に 0 (false) を返します。

pat が複数のパターンを含む配列の場合、contains は、pat の任意の要素が str 内で見つかった場合に 1 を返します。

TF = contains(str,pat,'IgnoreCase',true) は、strpat が含まれるかどうかを判別するときに大文字小文字の区別を無視します。

すべて折りたたむ

名前の string 配列を作成します。一部の名前に Paul が含まれます。

R2017a 以降、二重引用符を使用して string を作成できるようになりました。

str = ["Mary Ann Jones","Paul Jay Burns","John Paul Smith"]
str = 1x3 string
    "Mary Ann Jones"    "Paul Jay Burns"    "John Paul Smith"

R2016b を使用している場合は、二重引用符の代わりに関数stringを使用して string 配列を作成します。

1 に等しい各要素の位置が、str 内で Paul を含む string の位置に対応する logical 配列を返します。

pat = "Paul";
TF = contains(str,pat)
TF = 1x3 logical array

   0   1   1

Paul を含む string を表示します。TFstr のインデックスとして使用します。

str(TF)
ans = 1x2 string
    "Paul Jay Burns"    "John Paul Smith"

"R2020b 以降"

住所を含む string 配列を作成します。

str = ["221B Baker St.","Tour Eiffel Champ de Mars","4059 Mt Lee Dr."]
str = 1x3 string
    "221B Baker St."    "Tour Eiffel Champ..."    "4059 Mt Lee Dr."

数値が含まれる住所を検索するには、関数 digitsPattern を使用して任意の桁数と一致するパターンを作成します。

pat = digitsPattern
pat = pattern
  Matching:

    digitsPattern

桁が含まれる string を示す logical 配列を返します。一致する string を表示します。

TF = contains(str,pat)
TF = 1x3 logical array

   1   0   1

str(TF)
ans = 1x2 string
    "221B Baker St."    "4059 Mt Lee Dr."

1 文字が続く桁のシーケンスがある string を検索します。単純なパターンを組み合わせて、より複雑なパターンを作成できます。

pat = digitsPattern + lettersPattern(1)
pat = pattern
  Matching:

    digitsPattern + lettersPattern(1)

TF = contains(str,pat);
str(TF)
ans = 
"221B Baker St."

pattern オブジェクトを作成する関数の一覧については、patternを参照してください。

名前の string 配列を作成します。一部の名前に Ann または Paul が含まれます。

str = ["Mary Ann Jones","Christopher Matthew Burns","John Paul Smith"]
str = 1x3 string
    "Mary Ann Jones"    "Christopher Matth..."    "John Paul Smith"

Ann または Paul が含まれる str の要素を検索します。

pat = ["Ann","Paul"];
TF = contains(str,pat)
TF = 1x3 logical array

   1   0   1

TFstr のインデックスとして使用します。

str(TF)
ans = 1x2 string
    "Mary Ann Jones"    "John Paul Smith"

名前を含む string 配列を作成します。大文字小文字の区別を無視して、anne を含む名前を判別します。

R2017a 以降、二重引用符を使用して string を作成できるようになりました。

str = ["Anne","Elizabeth","Marianne","Tracy"]
str = 1x4 string
    "Anne"    "Elizabeth"    "Marianne"    "Tracy"

pat = "anne";
TF = contains(str,pat,'IgnoreCase',true)
TF = 1x4 logical array

   1   0   1   0

anne を含む string を表示します。TFstr のインデックスとして使用します。

str(TF)
ans = 1x2 string
    "Anne"    "Marianne"

食品のリストを含む文字ベクトルを作成します。異なる食品の名前が文字ベクトル内にあるかどうかを判別します。

chr = 'peppers, onions, and mushrooms';
TF = contains(chr,'onion')
TF = logical
   1

TF = contains(chr,'pineapples')
TF = logical
   0

入力引数

すべて折りたたむ

入力テキスト。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

検索パターン。次のいずれかとして指定します。

  • string 配列

  • 文字ベクトル

  • 文字ベクトルの cell 配列

  • pattern 配列 "(R2020b 以降)"

拡張機能

R2016b で導入