最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

境界領域

点の周辺の凸包、アルファ形状、境界の計算

一連の点を囲む境界によって定義される領域を作成します。関数 boundary では点周辺の密着度を指定でき、関数 convhull と関数 convhulln は最小の凸境界を返します。alphaShape オブジェクトはアルファ半径に基づく調整可能な境界設定を提供し、幾何学量を計算するオブジェクト関数をもちます。

関数

すべて展開する

boundary2 次元または 3 次元の点集合の境界
convhull凸包
convhullnN 次元の凸包
alphaShape2 次元および 3 次元の点で構成される多角形および多面体
alphaSpectrum独立したアルファ形状を生成するアルファ値
criticalAlpha形状の臨界遷移を定義するアルファ半径
numRegionsアルファ形状の領域の数
inShape点がアルファ形状の内側にあるかどうかを判定
alphaTriangulationアルファ形状を塗りつぶす三角形分割
boundaryFacetsアルファ形状の境界の小平面
perimeter2 次元アルファ形状の周囲長
area2 次元アルファ形状の面積
surfaceArea3 次元アルファ形状の表面積
volume3 次元アルファ形状の体積
plotアルファ形状のプロット
nearestNeighborアルファ形状の最近傍の境界点を求める

トピック

凸包を計算

このトピックでは、convhullconvhullndelaunayTriangulation および alphaShape を使用して凸包を計算するためのいくつかのメソッドを説明します。

領域境界のタイプ

このトピックでは、点集合を囲む境界のいくつかのタイプの相違点を説明します。