ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mean2

構文

B = mean2(A)
gpuarrayB = mean2(gpuarrayA)

説明

B = mean2(A) は、A の値の平均値を計算します。

gpuarrayB = mean2(gpuarrayA) は、GPU で演算を実行して、gpuarrayA の値の平均値を計算します。この構文では Parallel Computing Toolbox™ が必要です。

コード生成 サポート: あり。

MATLAB Function ブロック サポート: あり。

クラス サポート

入力イメージ A数値または論理値です。出力イメージ Bdouble クラスのスカラーです。

入力イメージ gpuarrayA は、基になるクラスが numeric または logical である gpuArray です。出力イメージ gpuarrayB は、基になるクラスが double である gpuArray スカラーです。

すべて折りたたむ

イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('liftingbody.png');

平均値を計算します。

meanval = mean2(I)
meanval =

  140.2991

詳細

すべて折りたたむ

コード生成

この関数では MATLAB® Coder™ を使用した C コードの生成がサポートされています。詳細は、「画像処理のコード生成」を参照してください。

MATLAB Function ブロック

この関数は Simulink の MATLAB Function ブロックで使用できます。

アルゴリズム

mean2 は、mean(A(:)) を使用して配列 A の平均値を計算します。

参考

| |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?