ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ind2gray

インデックス付きイメージをグレースケール イメージに変換

説明

I = ind2gray(X,cmap) は、インデックス付きイメージ X とカラーマップ cmap をグレースケール イメージ I に変換します。関数 ind2gray は、輝度を変更しないで、入力イメージから色相と彩度情報を取り去ります。

すべて折りたたむ

インデックス付きイメージをワークスペースに読み込みます。

[X, map] = imread('trees.tif');

ind2gray を使用して、イメージをグレースケールに変換します。

I = ind2gray(X,map);

インデックス付きイメージと変換されたグレースケール イメージを表示します。

imshow(X,map)
title('Indexed Image')

figure
imshow(I)
title('Converted Grayscale Image')

入力引数

すべて折りたたむ

インデックス付きイメージ。任意のサイズと次元の数値配列として指定します。

データ型: single | double | uint8 | uint16

インデックス付きイメージ X と関連付けられたカラーマップ。カラー数が c である c 行 3 列の数値配列として指定します。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

グレースケール イメージ。数値配列として指定します。I のサイズ、次元とクラスは X と同じです。

アルゴリズム

ind2gray は、色相と彩度成分 (IQ) を 0 に設定し、関数 rgb2ntsc を使用して、カラーマップを NTSC 座標に変換し、グレー カラーマップを作成します。ind2gray は、イメージ X のインデックスをグレー カラーマップのグレースケール強度値に変換します。

R2006a より前に導入