最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gray2ind

グレースケール イメージまたはバイナリ イメージをインデックス付きイメージに変換

説明

[X,cmap] = gray2ind(I,c) は、グレースケール イメージ Ic カラーのカラーマップ cmap を使用してインデックス付きイメージ X に変換します。

[X,cmap] = gray2ind(BW,c) はバイナリ イメージ BW をインデックス付きイメージに変換します。

すべて折りたたむ

グレースケール イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('cameraman.tif');

gray2ind を使用して、イメージをインデックス付きイメージに変換します。この例では 16 のインデックスをもつインデックス付きイメージを作成します。

[X, map] = gray2ind(I, 16);

インデックス付きイメージを表示します。

imshow(X, map);

入力引数

すべて折りたたむ

グレースケール イメージ。任意の次元の数値配列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

バイナリ イメージは、任意の次元の数値配列として指定します。

データ型: logical

カラーマップの色の数。1 ~ 65536 の正の整数を指定します。

  • 入力イメージがグレースケールの場合、c の既定値は 64 です。

  • 入力イメージがバイナリの場合、c の既定の値は 2 です。

出力引数

すべて折りたたむ

インデックス付きイメージ。入力グレースケールまたはバイナリ イメージと同じ次元の数値配列として返されます。カラーマップ長が 256 以下の場合、出力イメージのクラスは uint8 です。それ以外の場合は、uint16 です。

データ型: uint8 | uint16

インデックス付きイメージ X と関連付けられたカラーマップ。c 行 3 列の数値配列として指定します。生成されるカラーマップは、gray(c) と等価です。

データ型: double

R2006a より前に導入