ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imextendedmax

構文

BW = imextendedmax(I,H)
BW = imextendedmax(I,H,conn)

説明

BW = imextendedmax(I,H) は、I の拡張 maxima 変換を返します。これは、H-maxima 変換の局所的な最大値です。局所的な最大値は一定の強度値をもつピクセルの連結要素で、その外側の境界のピクセル値はすべてこの強度値より小さい値です。H は非負のスカラーです。既定の設定では、imextendedmax は、2 次元イメージに対して 8 連結近傍を使用し、3 次元イメージに対して 26 連結近傍を使用します。高次元に対しては、imextendedmaxconndef(numel(size(I)),'maximal') を使用します。

BW = imextendedmax(I,H,conn) は拡張 maxima 変換を計算します。ここで、conn は連結性を指定します。

すべて折りたたむ

イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('glass.png');

拡張 maxima 変換を計算します。

BW = imextendedmax(I,80);

元のイメージと変換されたイメージを並べて表示します。

imshowpair(I,BW,'montage')

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。任意の次元の実数の非スパース数値配列として指定します。

例: I = imread('glass.png'); BW = imextendedmax(I,80);

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

H-maxima 変換。実数、非負のスカラーとして指定します。

例: BW = imextendedmax(I,80);

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

連結性。次のテーブルのいずれかのスカラー値として指定します。既定の設定では、imextendedmax は、2 次元イメージに対して 8 連結近傍を使用し、3 次元イメージに対して 26 連結近傍を使用します。高次元に対しては、imextendedmaxconndef(numel(size(I)),'maximal') を使用します。連結性は、conn01 を要素とする 3 × 3 × ... × 3 行列として使用することにより、任意の次元に対してより一般的に定義できます。1 の値をもつ要素は、conn の中心要素に対する近傍の位置を定義します。conn は、その中心要素の周りに対称でなければなりません。

意味

2 次元連結性

4

4 連結近傍

8

8 連結近傍

3 次元連結性

6

6 連結近傍

18

18 連結近傍

26

26 連結近傍

例: BW = imextendedmax(I,80,4);

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

変換されたイメージ。I と同じサイズの論理配列として返されます。

参照

[1] Soille, P., Morphological Image Analysis: Principles and Applications, Springer-Verlag, 1999, pp. 170-171.

拡張機能

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?