Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テストベンチ名、データ ファイル、および参照の接尾辞

テスト ベンチ名の接尾辞

テスト ベンチ名に付加する接尾辞を指定します。

設定

既定の設定: _tb

たとえば、DUT の名前が my_test の場合、既定の接尾辞 _tb が付加され、my_test_tb という名前になります。

依存関係

選択したシステムが DUT であることを確認してください。このオプションはモデル全体を選択した場合は無効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: TestBenchPostFix
型: 文字ベクトル
既定の設定: '_tb'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

テスト ベンチ参照の接尾辞

テスト ベンチ コード内で生成される基準信号の名前に付加される文字ベクトルを指定します。

設定

既定の設定: '_ref'

基準信号データは生成されたテスト ベンチ コード内で配列として表現されます。[テスト ベンチ参照の接尾辞] で指定された文字ベクトルが生成された信号の名前に付加されます。

依存関係

選択したシステムが DUT であることを確認してください。このオプションはモデル全体を選択した場合は無効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: TestBenchReferencePostFix
型: 文字ベクトル
既定の設定: '_ref'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

テスト ベンチ データ ファイル名の接尾辞

複数ファイルのテスト ベンチを生成するときにテスト ベンチ データ ファイルの名前に追加される接尾辞を指定します。

設定

既定の設定: '_data'

複数ファイルのテスト ベンチを生成する場合 ([複数ファイルのテスト ベンチ] を選択した場合) にのみ、HDL Coder™ では [テスト ベンチ データ ファイル名の接尾辞] に指定した文字ベクトルが適用されます。

たとえば DUT の名前が my_test[テスト ベンチ名の接尾辞] が既定の値である _tb の場合、_data が追加されるためテスト ベンチ データ ファイル名は my_test_tb_data になります。

依存関係

このパラメーターは [複数ファイルのテスト ベンチ] を選択すると有効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: TestBenchDataPostFix
型: 文字ベクトル
既定の設定: '_data'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。