最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

固定小数点コンバーター

MATLAB コードの固定小数点への変換

説明

固定小数点コンバーター アプリは浮動小数点の MATLAB® コードを固定小数点の MATLAB コードに変換します。

アプリを使用すると以下のことができます。

  • シミュレーション範囲データ、静的範囲データまたはその両方に基づいてデータ型を推奨。

  • 既定の語長に基づく小数部の長さの推奨または既定の小数部の長さに基づく語長の推奨。

  • 0 または正の整数の最適化。

  • シミュレーションの最小値/最大値データに対する安全余裕の指定。

  • 各変数で使用されるビットのヒストグラムの表示。

  • 固定小数点がサポートされない元の MATLAB アルゴリズムの関数に対する置換関数の指定または近似関数の生成。

  • 固定小数点コードの数値的な動作のテスト。その後、シミュレーション データ インスペクターまたは独自のカスタム プロット関数のいずれかを使用して、その動作を浮動小数点バージョンのアルゴリズムと比較できます。

最終的な目標が固定小数点 C コードを生成することである場合、代わりに MATLAB Coder™ アプリを使用します。MATLAB コードの固定小数点 C コードへの変換 (MATLAB Coder)を参照してください。

最終的な目標が HDL コードを生成することである場合、代わりに HDL Coder™ ワークフローを使用します。浮動小数点から固定小数点への変換 (HDL Coder)を参照してください。

固定小数点コンバーター アプリを開く

  • MATLAB ツールストリップ: [アプリ] タブの [コード生成] の下で、アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: fixedPointConverter と入力します。

  • 既存の固定小数点コンバーター アプリ プロジェクトを開くには、.prj ファイルをダブルクリックするか、アプリを開いてプロジェクト ファイルを参照します。

    プロジェクトを作成するか既存のプロジェクトを開くと、他の固定小数点コンバーター プロジェクトや MATLAB Coder プロジェクトがすべて閉じます。

  • MATLAB Coder アプリで MATLAB Coder プロジェクトを開きます。プロジェクトを固定小数点コンバーター アプリ プロジェクトに変換するために MATLAB Coder アプリで次を行います。

    1. をクリックして [次を使ってプロジェクトを再度開く] を選択します。

    2. [固定小数点コンバーター] を選択します。

プログラムによる使用

すべて展開する

fixedPointConverter は固定小数点コンバーター アプリを開始します。

fixedPointConverter -tocode projectnameprojectname.prj という名前の既存のプロジェクトを、等価な MATLAB コマンドのスクリプトに変換します。スクリプトをコマンド ウィンドウに書き出します。

fixedPointConverter -tocode projectname -script scriptnameprojectname.prj という名前の既存のプロジェクトを、等価な MATLAB コマンドのスクリプトに変換します。このスクリプトの名前は scriptname.m になります。

  • scriptname が既に存在する場合は、fixedPointConverter によってスクリプトが上書きされます。

  • このスクリプトには次を行う MATLAB コマンドが含まれています。

    • プロジェクトと同じ固定小数点変換の設定をもつ、浮動小数点から固定小数点への変換の構成オブジェクトを作成します。

    • fiaccel コマンドを実行して浮動小数点の MATLAB 関数を固定小数点の MATLAB 関数に変換します。

プロジェクトをスクリプトに変換する前に、固定小数点変換プロセスの [テスト] のステップを完了しなければなりません。

R2014b で導入