Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink での CORDIC アルゴリズム

Simulink® での CORDIC アルゴリズム演算

CORDIC (COordinate Rotation DIgital Computer) ベースのアルゴリズムは、Shift-Add 反復演算のみを必要とするため、ハードウェア効率が最も優れたアルゴリズムの 1 種です。CORDIC アルゴリズムは、明示的な乗数を必要とせず、さまざまな関数を計算するのに適しています。

ブロック

Complex to Magnitude-Angle HDL OptimizedCompute magnitude and phase angle of complex signal – optimized for HDL code generation using the CORDIC algorithm
Hyperbolic Tangent HDL OptimizedCORDIC ベースの双曲線正接を計算して最適化された HDL コードを生成
Magnitude-Angle to Complex振幅信号と位相角信号の両方またはどちらか一方を複素信号に変換
Trigonometric Function入力に対する指定された三角関数

注目の例