Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

リリース間のサポート

以前のリリースの生成コードと現在のリリースの生成コードの統合

ソース モデルがシングルレートで、C コードが次から生成された場合に、以前のリリース (R2010a 以降) から生成された C コードを現在のリリースから生成されるコードと統合できます。

  • [再利用できない関数] コード インターフェイスを使用する最上位モデルまたはサブシステムのビルド プロセス。

  • エラー ステータスの監視を非表示にする単一または複数インスタンスのモデル参照ビルド プロセス。

以前のリリース (R2018b 以降) からの保護モデル (シングルレートまたはマルチレート) を使用して、保護モデルと以前に生成されたコードとの間の数値的等価性をテストします。現在のリリースで新しいコードを生成します。

以前のリリースから共有ユーティリティ コードを再使用することにより、検証コストを削減します。

関数

crossReleaseImport以前のリリースで生成されたモデル コードを SIL ブロックまたは PIL ブロックとしてインポート
pil_block_replaceモデル内のブロックを別のモデルのブロックに置き換え
sharedCodeMATLABVersionsリリース間のコード統合で MATLAB バージョンを管理する
sharedCodeUpdate新しい共有コード ソース ファイルを既存の共有コード フォルダーに追加する

トピック