Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

crossReleaseImport

生成されたモデル コードを以前のリリースから SIL ブロックまたは PIL ブロックとしてインポート

説明

blockHandle = crossReleaseImport(buildFolder,configSetOrModel,'SimulationMode',mode) は以前に生成されたモデル コンポーネント コードを現在のリリースにインポートします。この関数は、コードをリリース間ブロックとしてインポートし、そのブロックの数値ハンドルを返します。また、そのブロックを新しいモデル ウィンドウに表示します。

既存のモデルで、モデル コンポーネントをリリース間ブロックと置き換えることができます。

たとえば 'SimulationMode''SIL' または 'PIL' に設定すると、関数はコードをソフトウェアインザループ (SIL) ブロックまたはプロセッサインザループ (PIL) ブロックとしてインポートします。シミュレーションを実行するかモデルをビルドするときに、モデル コンポーネントで以前のリリースの生成コードが使用されます。

SIL ブロックまたは PIL ブロックを作成するために、既定では、この関数は configSetOrModel で指定された Simulink® モデルの次のパラメーターを使用します。

  • SystemTargetFile

  • Toolchain または TemplateMakefile

  • ExistingSharedCode

  • PortableWordSizes

  • TargetLang

  • TargetLangStandard

  • TargetLibSuffix

  • ModelReferenceNumInstancesAllowed

  • [ハードウェア実行] ペインのパラメーター

'SimulationMode''none' に設定すると、関数は以下のような Cross-Release Code Integration ブロックを作成します。

  • インポートされたコードを呼び出すコードの生成をサポートする。

  • ノーマル モード、アクセラレータ モード、またはラピッド アクセラレータ モードのシミュレーションをサポートしない。

  • インポートされたコードをコンパイルしない。

たとえば、コンパイルが別のコンピューターで行われるワークフローで Cross-Release Code Integration ブロックを使用できます。

blockHandle = crossReleaseImport(buildFolder,configSetOrModel,'SimulationMode',mode,'ConfigParams',additionalParameterList) は、SIL または PIL ブロックの作成に追加のコンフィギュレーション パラメーターを使用します。

blockHandle = crossReleaseImport(buildFolder,configSetOrModel,'SimulationMode',mode,'DataDictionary',dictionaryFile) は、データ ディクショナリによって指定されたデータ型を使用する生成コードをインポートします。configSetOrModel がデータ ディクショナリに関連付けられたモデルの場合、名前と値のペアを指定する必要はありません。既定では、この関数は、生成コードのインポート時にデータ ディクショナリを特定して使用します。名前と値のペアを指定すると、指定したデータ ディクショナリが既定のデータ ディクショナリよりも優先されます。

blockHandle = crossReleaseImport(buildFolder,configSetOrModel,'SimulationMode',mode,'OriginalPaths',originalPaths,'ReplacementPaths',replacementPaths) は、移動されたカスタム コードまたは変更されたインクルード パスをもつ生成されたモデル コードをインポートします。replacementPaths で指定されたパスは元のカスタム コードまたは originalPaths で指定されたインクルード パスを 1 対 1 の方法でオーバーライドします。replacementPaths を使用して追加のカスタム コードまたはインクルード パスを指定することはできません。

blockHandle = crossReleaseImport(buildFolder,configSetOrModel,'SimulationMode',mode,'SFunctionName',sFunctionName) は、生成された SIL ブロックまたは PIL ブロック、sFunctionName_sil または sFunctionName_pil に名前を付けます。既定のブロック名によって作成される関連付けられた MATLAB® 識別子が 63 文字を超える場合は、sFunctionName 引数を使用します。

すべて折りたたむ

この例では、生成されたモデル コードを以前のリリースからインポートする方法を説明します。

ビルド フォルダーの場所を指定します。

buildFolder = fullfile(pwd,'R2015bWork', 'folderPathForP1_ert_rtw');

統合モデル Controller のコードをインポートします。

crossReleaseImport(buildFolder,'Controller','SimulationMode','SIL');

この関数は、SIL ブロックを新しい Simulink エディター ウィンドウに表示します。

入力引数

すべて折りたたむ

以前のリリースから生成されたモデル コンポーネント コードを含むビルド フォルダー

MATLAB パス上のコンフィギュレーション セットまたは Simulink モデル。

インポートしたコードを含むブロックのシミュレーション モード:

  • 'SIL' — SIL ブロックを作成します。

  • 'PIL' — PIL ブロックを作成します。

  • {'SIL','PIL'} — SIL ブロックと PIL ブロックを作成します。

  • 'none'Cross-Release Code Integration ブロックを作成します。

SIL ブロックまたは PIL ブロックを作成するための追加パラメーター。

生成コードで使用されるデータ型を指定するデータ ディクショナリ。

元のカスタム コードのフォルダーまたはインクルード パス。replacementPaths と 1 対 1 で対応しなければなりません。

移動されたカスタム コードのフォルダーまたはインクルード パス。originalPaths と 1 対 1 で対応しなければなりません。

以前のリリースからの生成されたコードが含まれる SIL ブロックまたは PIL ブロックの名前を指定します。既定のブロック名によって作成される関連付けられた MATLAB 識別子が 63 文字を超える場合は、この引数を使用して短いブロック名を指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

ブロックの数値ハンドル。mode'SIL' または 'PIL' の場合は double として返されます。mode{'SIL','PIL'} の場合は double の配列として返されます。

R2016b で導入