Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sharedCodeUpdate

既存の共有コード フォルダーに新しい共有コード ソース ファイルを追加

説明

sharedCodeUpdate(sourceFolder, destinationFolder) は、たとえば、共有ユーティリティ ファイルが destinationFolder 内に存在しない場合に、そのファイルを sourceFolder から destinationFolder 内のサブフォルダーにコピーします。この関数は、次のように動作します。

  • 両方のフォルダーで、同じ名前で内容の異なるファイルを特定します。この関数は、destinationFolder にあるこのようなファイルを上書きしません。コマンド ウィンドウに、各ファイルの compare リンクが表示されます。比較ツールを使用して違いを調べるには、リンクをクリックします。

  • この関数でコピーする sourceFolder ファイルをリストし、確認を求めます。ユーザーが確認すると、この関数はファイルを destinationFolder にコピーします。既定では、ファイルのコピー先は、ファイルが作成されたリリースに対応するサブフォルダーです (R2015aR2015b など)。

sharedCodeUpdate(sourceFolder, destinationFolder, 'ExistingCodeSubfolder', destinationSubfolder) は、指定するサブフォルダーにファイルをコピーします。

sharedCodeUpdate(buildFolder, destinationFolder)buildFolder と関連付けられている共有コードの場所から共有コード ソース ファイルをコピーします。

sharedCodeUpdate(buildFolder, configurationSetOrModel) は、共有コードのソース ファイルを Simulink® コンフィギュレーション セットまたはモデルの 'ExistingSharedCode' パラメーターによって指定されたフォルダーにコピーします。

sharedCodeUpdate(protectedModel, destinationFolder) は、保護モデルの共有ユーティリティ ファイルを共有コード フォルダーにコピーします。

すべて折りたたむ

この例では、ソース ファイルを共有ユーティリティ フォルダーから共有コード フォルダーにコピーする方法を説明します。

sourceFolder = fullfile(pwd,'R2015bWork','slprj','ert','_sharedutils');
existingSharedCodeFolder = fullfile(pwd,'SharedUtilCode');
sharedCodeUpdate(sourceFolder, existingSharedCodeFolder);

この例では、ソース ファイルを共有ユーティリティ フォルダーから共有コード フォルダー内の指定したサブフォルダーにコピーする方法を説明します。

sourceFolder = fullfile(pwd,'R2015bWork','slprj','ert','_sharedutils');
existingSharedCodeFolder = fullfile(pwd, 'SharedUtilCode');
destinationSubfolder = 'mySub'
sharedCodeUpdate(sourceFolder, existingSharedCodeFolder,...
'ExistingCodeSubfolder', destinationSubfolder);

この例では、移動した生成コード フォルダーの共有ユーティリティ ファイルを、既存の共有コード フォルダーにコピーする方法を説明します。

更新する共有コード フォルダーへのパスを指定します。

pathToExistingSharedFolder = 'C:\mySharedCodeFolder';

移動した生成コード フォルダー P1_ert_rtw への絶対パスを指定します。

anchorFolder = 'C:\myWorkFolder';
relocatedCodeFolder = fullfile(anchorFolder, 'P1_ert_rtw');

既存の共有コード フォルダーを更新します。

sharedCodeUpdate(relocatedCodeFolder, pathToExistingSharedFolder);

入力引数

すべて折りたたむ

既存の共有コード フォルダーに追加する共有コード ファイルを含むフォルダーのファイル パス。

既存の共有コード フォルダーのファイル パス。

既存の共有コード フォルダー内のコピー先サブフォルダー。

以前に生成されたモデル コードが含まれるビルド フォルダーへのパス。

'ExistingSharedCode' パラメーターで指定される既存の共有コード フォルダーを使用する Simulink のコンフィギュレーション セットまたはモデル。

保護モデルのファイル パス。保護モデルのファイル名の拡張子は .slxp でなければなりません。

R2016b で導入