Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成識別子

[コード生成][Identifier] カテゴリには、生成コード内のコメントを設定するためのパラメーターが含まれています。これらのパラメーターには Simulink® Coder™ のライセンスが必要です。ERT ベースのターゲットで使用可能な追加のパラメーターには、Embedded Coder® のライセンスが必要です。

次のコンフィギュレーション パラメーターは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成][Identifier] ペインにあります。

パラメーター説明

Global variables

生成されたグローバル変数の識別子をカスタマイズします。

Global types

生成されたグローバルなタイプの識別子をカスタマイズします。

Field name of global types

生成されたグローバルなタイプのフィールド名をカスタマイズします。

Subsystem methods

再利用可能なサブシステムの生成された関数名をカスタマイズします。

Subsystem method arguments

再利用可能なサブシステムの生成された関数の引数名をカスタマイズします。

Local temporary variables

生成されたローカルな一時変数の識別子をカスタマイズします。

Local block output variables

生成されたローカルなブロックの出力変数の識別子をカスタマイズします。

Constant macros

生成された定数マクロ識別子をカスタマイズします。

Shared utilities identifier format

共有ユーティリティ識別子をカスタマイズします。

Minimum mangle length

名前の競合の回避に役立つよう、名前マングリング テキストの生成に用いる最小文字数を指定します。

識別子の最大の長さ

生成関数、型定義、変数名の最大文字数を指定します。

System-generated identifiers

システム生成の識別子内の $N トークンに対して、より短く一貫性の高い名前をコード ジェネレーターが使用するかどうかを指定します。

Generate scalar inlined parameters as

生成コードでスカラーのインライン パラメーター値の式を制御します。

シミュレーション ターゲットと同じ予約名を使用

[シミュレーション ターゲット] ペインで指定した名前と同じ予約名を使用するかどうかを指定します。

予約名

カスタム コードに指定した変数または関数の名前と一致する生成コード内の変数または関数の名前を入力します。

次のコンフィギュレーション パラメーターは [詳細設定パラメーター] の下にあります。

パラメーター説明

Shared checksum length

$C トークンの文字の長さを指定します。

EMX array utility functions identifier format

emxArray (組み込み可能な mxArray) ユーティリティ関数に対して生成された識別子をカスタマイズします。

EMX array types identifier format

emxArray (組み込み可能な mxArray) タイプに対して生成された識別子をカスタマイズします。

カスタム トークン テキスト

$U トークンに挿入するテキストを指定します。

重複する列挙型メンバー名

コード ジェネレーターが、同じメンバー名をもつ 2 つの列挙型を検出した場合に行う診断アクションを選択します。このパラメーターは、インポートされたデータ スコープ、同じストレージ型と値をもつ列挙型にのみ適用されます。

Signal naming

生成コードでの信号の命名規則を指定します。

M-function

 

Parameter naming

生成コードのパラメーターの命名規則を指定します。

M-function

 

#define 定義名

生成コードで #define パラメーター (ストレージ クラス Define (Custom) で定義) の命名規則を指定します。

M-function

 

関連するトピック