最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Filter Builder

周波数と振幅の仕様から始めるフィルターの設計 (filterBuilder)

説明

Filter Builder アプリは、fdesign オブジェクトを使用してフィルターを設計するためのグラフィカル ユーザー インターフェイスを提供します。最初のステップは、フィルター応答の選択です。選択した応答に基づいて、ユーザー インターフェイスの [メイン] タブに、アルゴリズム、制約および設計パラメーターの設定が表示されます。さらに、[データ型] タブで精度やデータ型を指定できます。[コード生成] タブには、完成したフィルター設計のさまざまな実装に対するオプションが含まれています。フィルターのすべてのパラメーターおよび設計アルゴリズムを指定したら、[フィルター応答の表示] ボタンをクリックしてフィルター応答を可視化できます。このボタンをクリックすると、fvtool が開いてフィルターの振幅応答が表示されます。設計と分析を反復して望ましいフィルター応答を実現できたら [OK] をクリックします。[OK] をクリックすると、アプリによってフィルター オブジェクトがベース ワークスペースにエクスポートされます。ユーザー インターフェイスの [System object を使用してフィルターを実装します] チェック ボックスをオンにした場合は、アプリによってフィルター System object™ がエクスポートされます。Filter Builder アプリを使用した設計プロセスの詳細については、Filter Builder Design Processを参照してください。各応答メソッドおよび関連するすべてのパラメーター設定の詳細については、filterBuilder を参照してください。

Filter Builder アプリを開く

  • MATLAB® のツールストリップ: [アプリ] タブの [信号処理と通信] でアプリのアイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: filterBuilder と入力します。

  • MATLAB コマンド プロンプト: filterBuilder(obj)と入力します。ここで obj は既存のフィルター オブジェクトです。たとえば、obj がバンドパス フィルターである場合は、filterBuilder(obj) によってバンドパス フィルター設計ダイアログが表示されます。obj オブジェクトは filterBuilder を使用するか fdesign を使用して作成したものでなければなりません。

  • MATLAB コマンド プロンプト: filterBuilder('response') と入力し、response をサポートされている応答メソッドに置き換えます。指定した応答に対応したフィルター設計ダイアログが MATLAB によって表示されます。サポートされている応答メソッドの詳細については、filterBuilder を参照してください。

R2006a より前に導入