最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

調整目標

コマンド ライン調整用の設計要件の指定

調整目標のライブラリによって、高位の設計要件を高速自動調整に適した形で捉えることが可能です。TuningGoal オブジェクトでは、設定値追従、オーバーシュート、外乱の抑制、開ループ安定余裕などの設計目的を指定できます。TuningGoal オブジェクトを systune への入力引数として使用し、これらを制約 (厳密な目標) または目的 (柔軟な目標) として適用します。ソフトウェアは、指定した目標が最もよく満たされるように制御システムの自由パラメーターを調整します。

クラス

すべて展開する

TuningGoal.StepTracking制御システムの調整のためのステップ応答の要件
TuningGoal.StepRejection制御システムの調整のためのステップ外乱の抑制の要件
TuningGoal.Transient制御システムの調整のための過渡一致要件
TuningGoal.LQG制御システムの調整のための線形 2 次ガウシアン (LQG) 目標
TuningGoal.Gain 制御システムの調整のためのゲインの制約
TuningGoal.Variance制御システムの調整のためのノイズ増幅の制約
TuningGoal.Tracking 制御システムの調整のための追従要件
TuningGoal.Overshoot制御システムの調整のためのオーバーシュートの制約
TuningGoal.Rejection 制御システムの調整のための外乱の抑制の要件
TuningGoal.Sensitivity制御システムの調整のための感度要件
TuningGoal.WeightedGain 制御システム調整のための周波数重み付けゲインの制約
TuningGoal.WeightedVariance 制御システム調整のための周波数重み付け H2 ノルムの制約
TuningGoal.MinLoopGain制御システムの調整のための最小ループ ゲインの制約
TuningGoal.MaxLoopGain制御システムの調整のための最大ループ ゲインの制約
TuningGoal.LoopShape 制御システムの調整のためのターゲットのループ整形
TuningGoal.Margins 制御システムの調整のための安定余裕要件
TuningGoal.Passivity制御システムの調整の受動性制約
TuningGoal.ConicSector制御システム調整のためのセクター境界
TuningGoal.WeightedPassivity周波数重み付け受動性制約
TuningGoal.Poles制御システムのダイナミクスの制約
TuningGoal.ControllerPoles制御システムを調整するためのコントローラーのダイナミクスの制約

トピック

設計要件の設定

この例では、systune または looptune で使用する設計要件の追加の属性を設定する方法を示します。

時間領域の仕様

systune または looptune で制御システムを調整するために利用可能な時間領域の要件の概要を確認する。

周波数領域の仕様

systune または looptune で制御システムを調整するために利用可能な周波数領域の要件の概要を確認する。

ループ整形と安定余裕の仕様

systune または looptune で制御システムを調整するためにターゲットのループ整形および安定余裕を指定する。

制御システムの調整における安定余裕

制御システム調整器および viewGoal は、安定余裕を周波数の関数として表示します。

システム ダイナミクスの仕様

systune または looptune で調整された制御システムの極を制約する。