最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル配列

パラメーターの調査などのためのモデルの集合体の生成

モデル配列によって、単一の MATLAB® 配列に要素として格納される複数の線形モデルの集合を解析できます。

関数

すべて展開する

stack配列次元と共にモデルまたはモデル配列をスタックして、モデル配列を作成する
nmodelsモデル配列内のモデル数
permuteモデル配列における配列の次元の再配列
reshapeモデル配列の型の変更
repsysモデルの複製とタイル
voidModelモデル配列内の欠損モデルまたは無関係なモデルをマーク
sampleBlock一般化モデルでの制御設計ブロックのサンプリング
rsampleBlock一般化モデルでの制御設計ブロックのランダムなサンプリング

ブロック

LPV System線形パラメーター変動 (LPV) システムのシミュレーション

トピック

モデル配列の基礎

モデル配列

複数のモデル設計および解析のために、複数の動的システム オブジェクトを 1 つの MATLAB 配列に格納します。

単一パラメーターが変化するモデル配列

stack コマンドを使用して、モデルによって変化するパラメーターをもつ伝達関数の 1 次元配列を作成する。

2 つのパラメーターが変化するモデル配列

パラメーター値のグリッドに対してモデルの配列を作成し、SamplingGrid プロパティを使用して配列全体にわたりパラメーター値を追跡する。

調整可能なモデルをサンプリングすることによるパラメーターの変化の調査

sampleBlock を使用してパラメーター値のグリッドにわたり 2 次フィルターのパラメトリック モデルをサンプリングします。

配列からのモデルの選択

配列のインデックス付けを使ってモデル配列から個別のモデルまたは一連のモデルを選択します。

配列サイズおよび特性の照会

配列次元などの配列の属性を照会し、I/O 次元および安定性などの配列内のモデルの特性を照会します。

LPV システム

LTI 配列を使用したマルチモード ダイナミクスのシミュレーション

この例では、マルチモード ダイナミクスを示すシステムの線形パラメーター変動 (LPV) 表現を構成する方法を説明します。

線形パラメーター変動モデル

LPV システムとは、時変パラメーターの関数としてダイナミクスが変動する線形状態空間モデルです。パラメーター依存係数を使用して状態空間型で LPV モデルを表現します。