最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

randerr

ビット誤りパターンの生成

説明

すべての構文に対して、randerrout の各行を個別に取り扱います。

out = randerr(m)mm 列のバイナリ行列を生成します。ここで、各行はランダムな位置に正確に 1 つだけ非ゼロのエントリをもちます。それぞれの可能な構成は同じ確率をもちます。

out = randerr(m,n)mn 列のバイナリ行列を生成します。ここで、各行はランダムな位置に正確に 1 つだけ非ゼロのエントリをもちます。それぞれの可能な構成は同じ確率をもちます。

out = randerr(m,n,errors)errors 入力を使用して、出力 mn 列のバイナリ行列に対する各行の非ゼロのエントリ数を決定します。

  • errors がスカラーの場合、各行の非ゼロのエントリ数です。

  • errors がベクトルの場合、各行の非ゼロの可能なエントリ数を示します。

  • errors が 2 行の行列の場合、最初の行は各行の可能な非ゼロ エントリ数、2 行目は可能な誤り数に対応する確率を示します。errors の 2 行目の要素は、合計が 1 でなければなりません。

randerr が任意の行の非ゼロ エントリの数を決定し、非ゼロ エントリの各構成は同じ確率をもちます。

out = randerr(m,n,errors,seed) は、一様乱数発生器 rand を初期化するためにシード値を受け入れます。

out = randerr(m,n,errors,streamhandle) は、乱数ストリーム ハンドルを受け入れ、rand を使用して一様乱数ノイズ サンプルを生成します。乱数ストリーム ハンドルを指定するか、または既定の乱数ストリーム オブジェクトに対して関数 reset を使用すると、反復可能なノイズ サンプルを生成できます。反復可能なノイズ サンプルを生成するには、乱数ストリーム入力をリセットしてから randerr を呼び出すか、または同じシード入力を使用します。詳細は、RandStream を参照してください。

すべて折りたたむ

各行が同じ確率でゼロまたは 2 つの非ゼロ要素をもつ 8 行 7 列のバイナリ行列を生成します。

out = randerr(8,7,[0 2])
out = 8×7

     0     1     0     0     0     1     0
     0     1     0     0     0     1     0
     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     1     1
     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     1     0     0     0     1
     0     0     1     0     1     0     0

次に、行が 2 つの非ゼロ要素をもつ確率が 3 倍高い行列を生成します。

out = randerr(8,7,[0 2; 0.25 0.75])
out = 8×7

     0     0     0     0     1     0     1
     0     1     0     0     0     0     1
     0     0     1     0     0     1     0
     0     1     0     0     1     0     0
     1     0     0     0     1     0     0
     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0
     0     0     0     0     0     0     0

参考

関数

R2006a より前に導入