Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

reset (RandStream)

乱数ストリームのリセット

クラス

RandStream

parallel.gpu.RandStream (Parallel Computing Toolbox)

構文

reset(s)
reset(s,seed)

説明

reset(s) は、乱数ストリーム s の発生器を、そのシードに対応した内部状態にリセットします。これは、関数 RandStream(Type,... を使用して s をクリアし、それを再度作成するのに似ています。ただし、関数 reset は、ストリームの NormalTransformAntithetic および FullPrecision プロパティを元の値に設定しません。

reset(s,seed) は、乱数ストリーム s の発生器を seed (シード値) に対応する内部状態にリセットし、sseed プロパティを更新します。seed の値は 0 と 232 − 1 間の整数でなければなりません。ストリームのシードをリセットすると、他のストリームにより独立性を無効にできます。

メモ

ストリームのリセットは、主に作成した結果に対して使う必要があります。

例 1

乱数ストリームを初期の状態にリセットします。この操作を行っても乱数ストリームは作成されず、グローバル ストリームをリセットだけです。

stream = RandStream('twister','Seed',0)
stream = 

mt19937ar random stream
             Seed: 0
  NormalTransform: Ziggurat
reset(stream);
stream.Seed
ans =

           0

例 2

特定の seed を使用して、乱数ストリームをリセットします。

stream = RandStream('twister','Seed',0)
stream = 

mt19937ar random stream
             Seed: 0
  NormalTransform: Ziggurat
reset(stream,1);
stream.Seed
ans =

           1

参考

| | (Parallel Computing Toolbox)