Main Content

Kasami Sequence Generator

カサミ シーケンスのセットからのカサミ シーケンスの生成

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Comm Sources / Sequence Generators

  • Kasami Sequence Generator block

説明

Kasami Sequence Generator ブロックは、カサミ シーケンスのセットから 1 つのシーケンスを生成します。カサミ シーケンスは、良好な相互相関特性をもつ一連のシーケンスです。詳細については、カサミ シーケンスを参照してください。

このブロックは、シミュレーション中に長さが変わるシーケンスを出力することができます。可変サイズ信号の詳細は、可変サイズの信号の基礎 (Simulink)を参照してください。

次のアイコンには、oSizRef、および Rst 端子を有効にしたブロックが表示されています。

Kasami Sequence Generator block showing optional input ports for output size and resetKasami Sequence Generator block showing optional input ports for reference signal and reset

端子

入力

すべて展開する

現在の出力サイズ。[n,1] の形式のスカラーまたはベクトルとして指定します。n は出力シーケンスの要素数です。

例: [10 1] は、現在の出力列ベクトルのサイズが 10 行 1 列であることを示します。

依存関係

この端子を有効にするには、[Maximum output size source] パラメーターを [Dialog parameter] に設定します。

データ型: double

基準入力信号。スカラーまたは列ベクトルとして指定します。

依存関係

この端子を有効にするには、[Maximum output size source] パラメーターを [Inherit from reference input] に設定します。

データ型: double

リセット信号。出力サイズに応じて、スカラーまたはベクトルとして指定します。

  • 出力サイズが可変の場合、この端子をスカラーとして指定します。

  • それ以外の場合、この端子をスカラーまたは [Samples per frame] パラメーターの値と等しい長さの列ベクトルとして指定します。

出力信号は非ゼロの [Rst] 入力値にリセットされます。詳細については、リセット動作を参照してください。

依存関係

この端子を有効にするには、[Reset on nonzero input] パラメーターを選択します。

データ型: double

出力

すべて展開する

出力信号。バイナリ値の列ベクトルとして返されます。ブロックで非ゼロのシーケンスを生成するためには、[Initial states] パラメーターのベクトルの少なくとも 1 つの要素が非ゼロでなければなりません。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

シーケンスを生成するシフト レジスタでの接続を決定する生成多項式を次のオプションのいずれかとして指定します。

  • 数値 1 を含む多項式の文字ベクトルまたは string スカラー (例: 'z^4 + z + 1')。詳細については、Communications Toolbox での多項式の表現を参照してください。

  • 多項式の係数を降べきの順に並べたバイナリ値の行ベクトル。最初と最後のエントリは 1 でなければなりません。このベクトルの長さは、生成多項式の次数よりも 1 大きくなければなりません。

  • 多項式の非ゼロの項の指数を降べきの順に格納した整数値の行ベクトル。最後のエントリは 0 でなければなりません。

たとえば、'z^8 + z^2 + 1'[1 0 0 0 0 0 1 0 1]、および [8 2 0] は同一の多項式 p(z) = z8 + z2 + 1 を表します。

シーケンスを生成するシフト レジスタの初期状態。バイナリ値の行ベクトルを指定する場合、その長さは [Generator polynomial] パラメーターで指定される生成多項式の次数と等しくなければなりません。バイナリ値のスカラーを指定した場合は、ブロックで生成多項式の次数と等しい長さの行ベクトルにスカラーが拡張されます。結果として得られるベクトルのエントリはすべてスカラーと等しくなります。

整数または [k m] の形式のベクトルを指定して、シーケンスの候補のセットから目的のカサミ シーケンスを選択します。カサミ シーケンスには 2 つのクラスがあります。スモール セットから取得されたシーケンスと、ラージ セットから取得されたシーケンスです。スモール セットからカサミ シーケンスを選択するには、このパラメーターを範囲 [0, 2n/2–2] の整数に設定します。ラージ セットからシーケンスを選択するには、このパラメーターを [k m] の形式のベクトルに設定します。k は範囲 [–2, 2n–2] の整数、m は範囲 [–1, 2n/2–2] の整数でなければなりません。詳細については、シーケンス インデックスを参照してください。

初期時間からのカサミ シーケンスのオフセットを指定します。

[Reset on nonzero input] パラメーターを選択すると、外部信号を使用して内部シフト レジスタの値を初期状態にリセットできます。これを選択した場合、このブロックに外部信号用の入力端子が作成されます。ブロックで内部シフト レジスタをリセットする方法は、その出力信号とリセット信号がサンプルベースかフレームベースかによって異なります。例については、リセット動作を参照してください。

シミュレーション中に可変長の出力シーケンスを有効にするには、このパラメーターを選択します。このパラメーターをオフにすると、ブロックは固定長のシーケンスを出力します。このパラメーターを選択すると、ブロックは可変長のシーケンスを出力できます。可変サイズ信号の詳細は、可変サイズの信号の基礎 (Simulink)を参照してください。

最大のシーケンス出力サイズの指定方法を選択します。

  • [Dialog parameter][Maximum output size] パラメーター設定を最大許容出力シーケンス長として使用するブロックを構成するには、この値を選択します。[oSiz] 入力端子は出力信号の現在のサイズを指定し、ブロック出力はサンプル時間を入力信号から継承します。[oSiz] の入力値は [Maximum output size] パラメーターの値以下でなければなりません。

  • [Inherit from reference port][Ref] 入力端子を有効にし、[Ref] 入力端子の可変サイズ信号からサンプル時間、最大サイズ、および現在の出力サイズを継承するブロックを構成するには、この値を選択します。これらにより最大許容出力シーケンス長が設定されます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Output variable-size signals] を選択します。

ブロックの最大出力サイズを指定します。n は正のスカラーです。

例: [10 1] の場合は、出力信号の最大サイズが 10 行 1 列として指定されます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Output variable-size signals] を選択し、[Maximum output size source][Dialog parameter] に設定します。

データ型: double

正のスカラーは、出力信号の各サンプル間の時間を秒単位で指定します。[Sample time]-1 に設定すると、出力信号は下流からサンプル時間を継承します。[Sample time] パラメーターと [Samples per frame] パラメーターの関係の詳細については、サンプル タイミングを参照してください。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Output variable-size signals] をオフにします。

出力データの 1 つのチャネルにおけるフレームあたりのサンプル数を指定します。[Sample time] パラメーターと [Samples per frame] パラメーターの関係の詳細については、サンプル タイミングを参照してください。

[Rst] 入力端子を有効にするには、このパラメーターを選択します。その端子を使用して、内部シフト レジスタを [Initial states] パラメーターの値が示す元の状態にリセットする入力信号を指定します。

ブロックの出力のデータ型を指定します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double

多次元信号

なし

可変サイズの信号

あり

詳細

すべて展開する

参照

[1] Peterson, W. Wesley, and E. J. Weldon. Error-correcting Codes.1972.

[2] Proakis, John G. Digital Communications. 4th ed. New York: McGraw Hill, 2001.

[3] Sarwate, D.V., and M.B. Pursley. “Crosscorrelation Properties of Pseudorandom and Related Sequences.” Proceedings of the IEEE 68, no. 5 (1980): 593–619. https://doi.org/10.1109/PROC.1980.11697.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

すべて展開する