Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

FM Modulator Baseband

FM 方式を使用した変調

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Modulation / Analog Baseband Modulation

  • FM Modulator Baseband block

説明

FM Modulator Baseband ブロックは、周波数変調を実数入力信号に適用し、複素数出力信号を返します。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。実数のスカラー、ベクトル、または行列として指定します。

データ型: double | single

出力

すべて展開する

出力信号。実数のスカラー、ベクトル、または行列として返されます。この端子のデータは入力信号と同じデータ型とサイズをもちます。

データ型: double | single

パラメーター

すべて展開する

変調器の周波数偏差 (Hz 単位)。正のスカラーとして指定します。システムの帯域幅は、周波数偏差とメッセージ帯域幅の合計の 2 倍と等しくなります。

実行するシミュレーションのタイプ。[コード生成] または [インタープリター型実行] として指定します。

  • コード生成 –– 生成された C コードを使用してモデルをシミュレートします。シミュレーションの初回実行時、Simulink® は対象ブロックの C コードを生成します。この C コードは、モデルが変更されない限り以降のシミュレーションで再利用されます。このオプションを使用すると、シミュレーションの起動時間は長くなりますが、以降のシミュレーションの速度は [インタープリター型実行] よりも速くなります。

  • インタープリター型実行 –– MATLAB® インタープリターを使用してモデルをシミュレートします。このオプションを使用すると、[コード生成] 方式よりも必要な起動時間が短縮されますが、以降のシミュレーションの速度が遅くなります。このモードで、ブロックのソース コードをデバッグできます。

ブロックの特性

データ型

double | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

アルゴリズム

周波数変調を行ったパスバンド信号 Y(t) を次のように表します。

Y(t)=Acos(2πfct+2πfΔ0tx(τ)dτ),

ここで、A は搬送波振幅、fc は搬送周波数、x(τ) はベースバンド入力信号、fΔ はヘルツ単位の周波数偏差です。|x(t)| ≤ 1 と仮定した場合、周波数偏差は、fc からの単方向への最大シフト値になります。

ベースバンド FM 信号は、以下の条件を満たす fc でダウンコンバートすることによってパスバンド表現から導出できます。

ys(t)=Y(t)ej2πfct=A2[ej(2πfct+2πfΔ0tx(τ)dτ)+ej(2πfct+2πfΔ0tx(τ)dτ)]ej2πfct=A2[ej2πfΔ0tx(τ)dτ+ej4πfctj2πfΔ0tx(τ)dτ].

-2fc の成分を ys(t) から除去すると、次のように表されるベースバンド信号表現 y(t) が残ります。

y(t)=A2ej2πfΔ0tx(τ)dτ.

y(t) の式は次のように書き換えられます。

y(t)=A2ejϕ(t),

ここで、ϕ(t)=2πfΔ0tx(τ)dτ であり、これは入力信号が位相 ϕ(t) の導関数をスケーリングしたものであることを意味します。

ベースバンド遅延復調器は、入力信号を y(t) から復元するために使用します。

受信信号の遅延および共役の部分が信号自体から減算されます。

w(t)=A24ejϕ(t)ejϕ(tT)=A24ej[ϕ(t)ϕ(tT)],

ここで T はサンプリング周期です。離散項では wn=w(nT) であり、次のようになります。

wn=A24ej[ϕnϕn1],vn=ϕnϕn1.

信号 vn は、vn ≈ xn を満たす ϕn の近似微分です。

参照

[1] Chakrabarti, I. H., and I, Hatai. “A New High-Performance Digital FM Modulator and Demodulator for Software-Defined Radio and Its FPGA Implementation.” International Journal of Reconfigurable Computing. Vol. 2011, No. 10.1155/2011, 2011, p. 10.

[2] Taub, Herbert, and Donald L. Schilling. Principles of Communication Systems. New York: McGraw-Hill, 1971, pp. 142–155.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

オブジェクト

R2015a で導入