Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

comm.OSTBCEncoder

直交空間時間ブロック符号を使用した入力の符号化

説明

OSTBCEncoder オブジェクトは、直交空間時間ブロック符号 (OSTBC) を使って入力シンボル シーケンスを符号化します。ブロックは入力シンボルをブロック単位でマップし、出力の符号語行列を時間領域で結合します。

直交空間時間ブロック符号を使って入力シンボル シーケンスを符号化するには、以下の手順に従います。

  1. OSTBC 符号化器オブジェクトを定義および設定します。構築を参照してください。

  2. step を呼び出して、comm.OSTBCEncoder のプロパティに従い、入力シンボル シーケンスを符号化します。step の動作は、ツールボックスの各オブジェクト固有のものです。

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

構築

H = comm.OSTBCEncoder は、直交空間時間ブロック符号 (OSTBC) 符号化器 System object H を作成します。このオブジェクトは入力シンボルをブロック単位でマップし、出力の符号語行列を時間領域で結合します。

H = comm.OSTBCEncoder(Name,Value) は指定されたそれぞれのプロパティ セットを指定された値に設定して、OSTBC 符号化器オブジェクト H を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

H = comm.OSTBCEncoder(N,Name,Value) は OSTBC 符号化器オブジェクト H を作成します。このオブジェクトは、NumTransmitAntennas プロパティを N に設定し、指定の他のプロパティは指定の値に設定しています。

プロパティ

NumTransmitAntennas

Number of transmit antennas

送信器のアンテナの数を 23 または 4 として指定します。既定の設定は 2 です。

SymbolRate

コードのシンボル レート

コードのシンボル レートを 3/4 または 1/2 のいずれかとして指定します。既定の設定は 3/4 です。このプロパティは NumTransmitAntennas プロパティを 2 より大きい値に設定した場合に適用されます。2 送信アンテナの場合、シンボル レートは既定で 1 に設定されます。

 固定小数点プロパティ

メソッド

step直交空間時間ブロック符号を使用した入力の符号化
すべての System object に共通
release

System object のプロパティ値の変更の許可

すべて折りたたむ

ランダムなバイナリ データを生成し、BPSK 変調方式を使用し変調して、変調されたデータを OSTBC により符号化します。

8 行 1 列のランダムなバイナリ データのベクトルを生成します。

data = randi([0 1],8,1);

BPSK 変調器 System object を作成し、関数 step を使用してデータを変調します。

bpskMod = comm.BPSKModulator;
modData = bpskMod(data);

OSTBC 符号化器を作成して変調信号を符号化します。既定の送信アンテナ数は 2 なので、encData が 8 行 2 列のベクトルであることがわかります。

ostbcEnc = comm.OSTBCEncoder;
encData = ostbcEnc(modData)
encData = 8×2 complex

  -1.0000 + 0.0000i  -1.0000 + 0.0000i
   1.0000 + 0.0000i  -1.0000 - 0.0000i
   1.0000 + 0.0000i  -1.0000 + 0.0000i
   1.0000 + 0.0000i   1.0000 + 0.0000i
  -1.0000 + 0.0000i   1.0000 + 0.0000i
  -1.0000 + 0.0000i  -1.0000 - 0.0000i
   1.0000 + 0.0000i  -1.0000 + 0.0000i
   1.0000 + 0.0000i   1.0000 + 0.0000i

アルゴリズム

このオブジェクトは、OSTBC Encoder ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。

このオブジェクトが可変サイズ信号を処理する場合は、以下のようになります。

  • 入力信号が列ベクトルの場合、最初の次元は変更できますが、2 番目の次元は 1 に固定しなければなりません。

  • 入力信号が行列の場合は、両方の次元を変更できます。

拡張機能

R2012a で導入