Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

OSTBC Encoder

直交空間時間ブロック符号 (OSTBC) を使用した入力メッセージの符号化

ライブラリ

MIMO

  • OSTBC Encoder block

説明

OSTBC Encoder ブロックは、直交空間時間ブロック符号 (OSTBC) を使って入力シンボル シーケンスを符号化します。ブロックは入力シンボルをブロック単位でマップし、出力の符号語行列を時間領域で結合します。詳細は、このヘルプ ページのOSTBC 符号化アルゴリズムの節を参照してください。

次元

ブロックは、OSTBC 送信の時間と空間の領域をサポートします。また、符号化計算が独立しているオプションの次元もサポートします。この次元は周波数領域として考えることができます。次の図は、OSTBC Encoder ブロックの入力と出力用にサポートされる次元を示しています。

次の表に変数を示します。

変数説明
F追加の次元。通常は周波数領域。符号化はこの次元には依存しません。
T時間領域の入力シンボル シーケンス長。
Rコードのシンボル レート。
N送信アンテナの数。

メモ

出力において、T/R は時間領域のシンボル シーケンス長です。

F は任意の正の整数にできます。N は [Number of transmit antennas] で示される 2、3、4 のいずれかにできます。N = 2 の場合、R は 1 でなければなりません。N = 3 または 4 の場合、R は 3/4 または 1/2 で、[Rate] で示されます。時間領域長 T は、各符号語行列にあるシンボル数の倍数にしなければいけません。具体的には、N = 2 または R = 1/2 の場合、T は 2 の倍数にしなければならず、R = 3/4 の場合、T は 3 の倍数にしなければいけません。

ブロックの次元伝播を理解するために、次の表を参照してください。

次元入力出力
F = 1列ベクトル2 次元
F > 12 次元3 次元

データ型

各ブロックの端子でサポートされるデータ型については、このページのサポートされているデータ型の表を参照してください。出力信号は、入力信号からデータ型を継承します。固定小数点信号の場合、複素共役は固定小数点パラメーター [Saturate on integer overflow] が扱わなければならないオーバーフローを引き起こします。

フレーム

出力信号は、入力信号からフレーム タイプを継承します。列ベクトル入力は、フレームベースまたはサンプルベースの入力を必要とします。それ以外の場合は入力はサンプルベースでなければなりません。

OSTBC 符号化アルゴリズム

OSTBC Encoder ブロックでは、5 つの異なる OSTBC 符号化アルゴリズムをサポートしています。[Rate] および [Number of transmit antennas] の選択に従い、ブロックは次の表に示すアルゴリズムの 1 つを実装します。

送信アンテナレートOSTBC 符号語行列
21

(s1s2s2*s1*)

31/2

(s1s20s2*s1*000s100s2*)

33/4

(s1s2s3s2*s1*0s3*0s1*0s3*s2*)

41/2

(s1s200s2*s1*0000s1s200s2*s1*)

43/4

(s1s2s30s2*s1*0s3s3*0s1*s20s3*s2*s1)

それぞれの行列において、行列の (l, i) エントリは、ブロックの l 番目のタイム スロットにある i 番目のアンテナからシンボルが送信されることを示しています。i の値は 1 から N (送信アンテナの数) までの範囲になります。l の値は 1 から符号語ブロック長までの範囲になります。

パラメーター

Number of transmit antennas

受信側でアンテナの数を設定します。ブロックは、2、3、または 4 の送信アンテナをサポートします。既定値は 2 です。

Rate

コードのシンボル レートを設定します。3/4 または 1/2 のいずれかを指定できます。このフィールドは、2 よりも多くの送信アンテナを使用するときにだけ表示されます。このフィールドの既定値は、2 よりも多くの送信アンテナの場合、34 になります。2 つの送信アンテナの場合、レート オプションは存在せず、レートは既定で 1 になります。

整数オーバーフローで飽和

固定小数点計算のオーバーフロー モードを設定します。固定小数点計算の大きさの結果が結果を格納するデータ型とスケーリングの範囲に収まらない場合は、このパラメーターで使用する手法を指定します。詳細は、精度と範囲を参照してください。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型
In
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • 符号付き固定小数点

Out
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • 符号付き固定小数点

このブロックを使用する例は、3x2 レイリー フェージング チャネル経由の OSTBCを参照してください。モデルは、独立したフェージング リンクと AWGN を使用して BPSK 変調のある 3 つの送信アンテナと 2 つの受信アンテナ用に符号化率 ¾ の OSTBC を使用することを示します。

また、MATLAB® コマンド ラインで「commtcmostbc」と入力すると、「OSTBC と TCM の連結」の例でこのブロックを確認できます。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

R2009a で導入