Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

showResourceMapping

OFDM 変調器 System object で作成される OFDM シンボルの副搬送波マッピングを表示します。

説明

showResourceMapping(hMod) は、OFDM 変調器 System object™ で作成される OFDM シンボルの副搬送波マッピングを可視化します。

showResourceMapping(hMod,ci) は入力 ci の値を使用して、関数で表示される副搬送波インデックスに番号を付けます。副搬送波インデックスには 1 から ciNFFT までの番号が付けられます。ここで、NFFT は FFT 点の数です。

すべて折りたたむ

既定のプロパティ値を使用して OFDM 変調器 System object™ を作成および表示します。

hMod = comm.OFDMModulator
hMod = 
  comm.OFDMModulator with properties:

               FFTLength: 64
    NumGuardBandCarriers: [2x1 double]
            InsertDCNull: false
          PilotInputPort: false
      CyclicPrefixLength: 16
               Windowing: false
              NumSymbols: 1
     NumTransmitAntennas: 1

副搬送波とシンボルの数を変更します。

hMod.FFTLength = 128;
hMod.NumSymbols = 2;

副搬送波の数とシンボルの数が変更されたことを確認します。

disp(hMod)
  comm.OFDMModulator with properties:

               FFTLength: 128
    NumGuardBandCarriers: [2x1 double]
            InsertDCNull: false
          PilotInputPort: false
      CyclicPrefixLength: 16
               Windowing: false
              NumSymbols: 2
     NumTransmitAntennas: 1

オブジェクト関数 showResourceMapping を使用して、時間周波数空間におけるデータ、パイロットおよび null の各副搬送波のマッピングを示します。

showResourceMapping(hMod)

Figure OFDM Subcarrier Mapping for All Tx Antennas contains an axes. The axes with title OFDM Subcarrier Mapping for All Tx Antennas contains an object of type image.

入力引数

すべて折りたたむ

OFDM 変調器。comm.OFDMModulator System object として指定します。

可視化する副搬送波インデックス。整数の 2 要素行ベクトルとして指定します。cidiff(ci) = NFFT − 1 を満たす必要があります。

参考

関数

オブジェクト

R2014a で導入