Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

info

OFDM 変調器の次元情報を提供

説明

infostruct = info(hMod) は、指定された OFDM 変調器 System object™ の入力、パイロット、および出力データの次元を返します。

すべて折りたたむ

オブジェクト関数 info を使用して OFDM 変調器のデータ次元を取得します。

ユーザー指定のパイロット インデックス、挿入された DC null をもつ OFDM 変調器 System object™ を構築し、2 つの送信アンテナを指定します。

hMod = comm.OFDMModulator('NumGuardBandCarriers',[4;3], ...
    'PilotInputPort',true, ...
    'PilotCarrierIndices',cat(3,[12; 26; 40; 54], ...
    [11; 25; 39; 53]), ...
    'InsertDCNull',true, ...
    'NumTransmitAntennas',2);

オブジェクト関数 info を使用して、変調器の入力データ、パイロット入力データおよび出力データのサイズを取得します。

info(hMod)
ans = struct with fields:
     DataInputSize: [48 1 2]
    PilotInputSize: [4 1 2]
        OutputSize: [80 2]

入力引数

すべて折りたたむ

OFDM 変調器。comm.OFDMModulator System object として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

OFDM 変調器の構造体の次元。次のフィールドを含む構造体として返されます。

入力データの次元。数値の 3 次元配列として返されます。このフィールドの次元は Ndata-by-Nsym-by-Nt です。ここで、NdataNdata = NFFT − NleftG − NrightG − NDCNull − Npilot − NcustNull となるデータ副搬送波の数です。

変数の定義については、変数の定義を参照してください。

パイロット入力配列の次元。数値の 3 次元配列として返されます。このフィールドの出力次元は Npilot-by-Nsym-by-Nt. です。

変調器の出力データの次元。数値の 3 次元配列として返されます。このフィールドの次元は ((NFFT + NCP)×Nsym)-by-Nt です。

変数の定義については、変数の定義を参照してください。

データ型: struct

詳細

すべて折りたたむ

変数のリスト

この表で示されている変数の定義は次のとおりです。

変数の定義

変数説明
NFFT副搬送波の数
NleftG左保護帯域の副搬送波の数
NrightG右保護帯域の副搬送波の数
NDCNullDC null の副搬送波の数 (01 のいずれか)
Npilotパイロット副搬送波の数
NcustNullカスタム null に使用される副搬送波の数 (入力 hModPilotCarrierIndices プロパティが 3 次元配列の場合にのみ適用)
NtNumber of transmit antennas
NCP巡回プレフィックスの長さ。

参考

関数

オブジェクト

R2014a で導入