Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成と高速化のサポート

MATLAB® コードと Simulink® から C コードを生成し、GPU を使用して処理を高速化

MATLAB モデルおよび Simulink モデルの設計から C コードを生成できます。一部の Communications Toolbox™ ブロックと System object は、MATLAB Coder™ と共に使用するときに、C コード生成に対するサポートを提供します。プロトタイピング中にコードの速度を上げることができます。Communications Toolbox には、グラフィックス処理装置 (GPU) で実行できるいくつかの関数が含まれています。

C/C++ コード生成-  アプリケーションを開発した後に、MATLAB コードおよび Simulink モデルから移植可能な C/C++ ソース コード、スタンドアロンの実行可能ファイル、またはスタンドアロン アプリケーションを生成できます。C/C++ コード生成では、MATLAB がインストールされていないマシンでシミュレーションを実行したり、MATLAB で作業しているときに処理の速度を上げることができます。C/C++ コード生成をサポートする Communications Toolbox の機能の一覧については、C コード生成をサポートする関数と System objectを参照してください。C/C++ コードを生成するには、MATLAB Coder が必要です。詳細については、MATLAB コードからの C コードの生成のビデオを参照してください。

GPU コードの高速化-  プロトタイピング中にコードの速度を上げるために、Communications Toolbox には、グラフィックス処理装置 (GPU) で実行できるいくつかの関数が含まれています。関数 gpuArray (Parallel Computing Toolbox) を使用してデータを GPU に転送してから、関数 gather (Parallel Computing Toolbox) を呼び出して GPU から出力データを取得できます。C/C++ コード生成をサポートする Communications Toolbox の機能の一覧については、System object の GPU 配列のサポート リストを参照してください。GPU サポートを有効にするには、Parallel Computing Toolbox™ が必要です。

アプリ

MATLAB CoderMATLAB コードからの C コードまたは MEX 関数の生成

関数

codegenMATLAB コードから C/C++ コードを生成する
gather分散配列または gpuArray をローカル ワークスペースに転送
gpuArrayGPU に格納される配列

トピック

MATLAB コードからの C コードの生成

コード生成用の MATLAB コードを準備し、C-MEX コードと C 実行可能ファイルを生成します。

Simulink モデルからの C コードの生成

実行可能ファイルをビルドし、MATLAB 内で実行可能ファイルを実行します。

コマンド ラインでの C コードの生成 (MATLAB Coder)

codegen コマンドを使用した MATLAB コードからの C/C++ コードの生成。

GPU での MATLAB 関数の実行 (Parallel Computing Toolbox)

MATLAB および他のツールボックスの数百もの関数は gpuArray (Parallel Computing Toolbox) 引数を渡すことで自動的に GPU で実行されます。

MATLAB Coder を使用した深層学習の前提条件 (MATLAB Coder)

製品をインストールし、深層学習ネットワークのコード生成用の環境を構成します。

GPU Support by Release (Parallel Computing Toolbox)

Support for NVIDIA® GPU architectures by MATLAB release.

注目の例