ユーザー事例

トヨタ自動車、モデル予測制御(MPC)を活用して「上手い運転」の実現を目指す

モデル予測制御(MPC)の「先読み」を活用した自動運転制御は、「上手い運転」実現の解決策になりうると先行検討することができました。


トヨタ自動車では、ヒトの感覚に近い「上手い運転」を実現する自動運転の制御開発に取り組んでいます。 車両の動きを「先読み」し、最適な目標走行軌道を生成するため、モデル予測制御(MPC)の高度な制御アルゴリズムを適用しました。

Model Predictive Control Toolbox™を使用し、効率的な開発環境を構築するとともに、先行検討を通じてMPC活用の方向性や課題を探りました。

主な成果

  • 熟練ドライバーのような「上手い運転」を実現する自動運転の走行制御アルゴリズムの検討
  • Model Predictive Control Toolboxによるモデル予測制御の迅速な設計や検証
  • MATLAB®、Simulink®による柔軟で効率的な開発環境の構築

使用製品

使用製品

お客様の成功事例をご紹介

カスタマー リファレンス プログラムに参加する