私たちは、エンジニアリングや科学の分野で変革を起こすには、多様な視点が不可欠だと考えています。現状を打破し、より良い合理的な解決策を導き出すためには、多様な視点が必要です。私たちは、チームが創造性を高めて成功するには、意識的にインクルージョンとエクイティを取り入れ、異なる考えを持つメンバーを尊重することが必要であると考えています。このことは各種の研究結果でも裏付けられています。

ダイバーシティ (多様性)、エクイティ (公平性)、インクルージョン (包摂性) に対する取り組み

コラボレーション環境

多様な人材パイプラインの構築

未来のエンジニアや科学者の育成

コラボレーション環境

優秀な人材の採用

幅広いバックグラウンド

有意義な仕事

多様な人材パイプラインの構築

未来のエンジニアや科学者の育成

小中高等学校プログラムのスポンサーシップ

  • Massachusetts STEM Week カリキュラム (i2 Learning 社と共同) を過小評価グループに提供
  • マイノリティや女性の高校生を対象とした MIT MathROOTS STEM プログラムおよび MassRobotics Jumpstart
  • 経済的に恵まれない学生を対象とした Cristo Rey 高校のインターンシップ
  • 都心部の若者を対象とした Zoo New England サマーキャンプ
  • 大学進学に興味のある人なら誰でも無料で利用できる Khan Academy の SAT 練習問題
  • 世界中の MathWorks コミュニティにおいて、社会的地位の低いグループを対象とした STEM 課外プログラム、メンタリング、キャリアデー

大学のプログラムスポンサー

  • オーストラリア、インド、英国、米国で開催されている Grace Hopper Celebration of Women in Computing およびワークショップに参加するための奨学金
  • マサチューセッツ大学の多様な学生を対象とした夏季リーダーシップ アカデミー
  • テクノロジー分野の女性やノンバイナリーの方を対象とした、タフツ大学 WiT カンファレンス
  • ハワード大学の National Society of Black Engineers (NSBE) の学生団体スポンサー
  • 大学キャンパス内で開催される Society of Women Engineers (SWE) イベントでのワークショップや奨学金の支援
  • Olga Taussky-Todd 氏が世界の優れた女性数学者を対象に ICIAM でトリビュート講演を実施
  • ハーバード、ボストン、イェールなどの大学で開催される女性のためのハッカソンやコーディング カンファレンス

STEM 教育におけるダイバーシティ (多様性)、エクイティ (公平性)、インクルージョン (包摂性)

性別や人種を問わず、すべての学生の STEM の研究やキャリアの追求を推進する MathWorks 後援の STEM プログラムやメンターシップについてご紹介します。(Massachusetts STEM Week にて発表)

有意義な仕事

エクイティ (公平性)、インクルージョン (包摂性) のある企業文化の確立

スタッフの取り組み

公平性の重視

MathWorks は、継続的な昇給とキャリアアップの機会における待遇面での公平性を確保するため、厳格なプロセスに従っています。公正で競争力のある企業であり続けるために、毎年、同業他社と比較した、社内および社外による分析を行っています。

すべての声に耳を傾ける

MathWorks は、インクルージョンのある企業文化の確立に努めています。たとえば、MathWorks のデザインレビュープロセスは、プロジェクトが成功するように作業を調整し、改善するための意見を聞く機会となっています。誰もが順番に意見を述べ、協力して会議の進行を維持します。また、MathWorks では透明性を重視しており、財務状況、戦略的計画、成功事例、および現実的な課題などを定期的に共有しています。また、質問と回答のセッションでは、CEO の Jack Little が、厳しい質問にも率直に回答しています。

学びと成長

MathWorks では、尊敬と投資というコアバリューの精神に基づき、特に学びに力を入れています。「Active Listening (傾聴力)」、「Respectful and Productive Feedback (敬意を払った生産性の高いフィードバック)」、「Unconscious Bias to Conscious Inclusion (無意識の偏見から意識的なインクルージョンへ)」、「Juneteenth history (ジューンティーンスの歴史)」などのプログラムが、オープンで包摂的な文化を支えています。また、「Better Sleep for Parents and Kids (親と子のより良い睡眠)」や「Retirement Planning (退職後の生活設計)」など、ライフステージに合わせたコースも用意されています。

共通の関心事を超えたつながりの構築

共通の関心事があるスタッフは、スタッフのリソースグループでつながることができます。これらのグループは、LGBTQ+ のスタッフ、黒人のスタッフ、アクセシビリティ、ダイバーシティとインクルージョン、STEM アンバサダーなど、スタッフと同様に多岐にわたります。また、中国の春節や Desi Utsav、国際女性デー、黒人歴史月間など、多文化・多民族を祝う従業員の活動も支援しています。

地域社会への貢献

MathWorks は、BLM 団体、Stop AAPI Hate、災害救助などのプログラムへの寄付やマッチングファンドを通じて、スタッフが関心を寄せる慈善活動を支援します。スタッフは、ボランティア有給休暇を活用して、ハビタット フォー ヒューマニティ、MLK Day of Service、Black Girls Code、Girls' Angle などの団体で活動しています。また、MathWorks は、寄付を目的とした年次基金を提供しています。各オフィスのスタッフが団体を推薦し、全員で投票を行うことで、支援する団体を決定します。