量産向けリアルタイム組み込みシステムのモデルベース デザイン

モデルベース デザインは、航空宇宙、自動車、通信などの産業分野における複雑な組み込みシステムの効率的で費用対効果に優れた開発方法です。モデルベース デザインでは、物理的な試作と言語ベースの仕様書に頼るのではなく、開発全体を通してシステム モデルを実行可能な仕様として使用します。また、システム レベルとコンポーネント レベルの設計とシミュレーション、自動コード生成、テストと検証の繰り返し作業をサポートします。これらの機能に加え、グラフィカルなモデルによるコミュニケーションの強化、強力な解析ツール、要求仕様からモデルやコードにまで対応したトレーサビリティにより、モデルベース デザインは組み込みシステムの事実上の標準設計手法となっています。

何百もの企業をサポートする中で蓄積してきた技術的な専門知識を活かして、 MathWorks Consulting Services では、モデルベース デザインの展開や応用に関する問題の解決を支援しています。

リアルタイム組み込みシステムの効率、機能性、検証のモデル化

MathWorks Consulting Servicesでは、それぞれのプロジェクトのニーズに応じたモデルベース デザイン ワークフロー全体の開発を支援しています。開発の同時進行、テスト容易性、可読性、再利用性を促進できるように、モデルおよびデータのアーキテクチャの作成をサポートします。また、組織の目標に基づいたカスタムのモデル スタイル ガイドラインの確立など、業界におけるモデル化のベスト プラクティスを提案および適用します。

要求仕様の精度、整合性確保と設計の最適化による品質向上。

MathWorks Consulting Servicesでは、シミュレーション戦略の策定を支援しています。これには、システムレベルのシミュレーションによる要求レベルでの仕様の検証、設計の最適化、ユニットレベルのシミュレーションによる詳細レベルの要求仕様の改良や検証を実現する適切な忠実度のプラント モデルの開発などが含まれます。システムレベルのシミュレーションで制御の適合作業における初期値を決定する方法も示します。

効率的なコードの生成とソフトウェア アーキテクチャへの統合

MathWorks のコンサルタントは、それぞれのプロジェクトのソフトウェア アーキテクチャに沿ったモデルの設定方法やコードの生成方法を提案します。また、オペレーティング システムとの統合、レガシーコードやハードウェア デバイス ドライバーとのインターフェイスの確立も支援します。必要なソフトウェア インターフェイスやコーディング標準を満足するために、モデルから生成されるデータ、関数、ファイルをどのように設定すればよいかを提案できます。

設計の品質の確保と規格への準拠を低コストで実現

それぞれのプロジェクトのニーズに合わせて機能、構造、信頼性のテストを実行できるように、検証フレームワークの開発を支援します。テスト合格基準や必要な成果物の生成などを含む、各種のテスト入力から結果を解析できるフレームワークを構築できます。このフレームワークは、各社の品質目標や DO-178CISO 26262IEC 61508 などの業界認証規格を達成できるようにカスタマイズされます。開発プロセスを認証規格に合わせて確立または微調整することで、MATLAB および Simulink を最大限に活用し、開発作業を大幅に削減できるように支援します。

MathWorks のコンサルタントによるサポートの内容:

  • 必要とされる設計の整合性、品質、効率を少ない繰り返しで実現
  • モデルベース デザインを応用した使用したワークフローの開発または最適化による開発工数削減と期間短縮を達成。
  • プロジェクトベースのコーチングおよび知識の継承による対応能力の強化。

チーム紹介

ワールドワイド、MathWorksのテクニカルコンサルタントはMATLABとSimulinkの経験に加えて業界経験と深いノウハウがあり、お客様の技術と事業の課題を解決できます。

モデルベースデザインのマネジメント


Tomohiko Higashi は、自動車、産業機械、エネルギー生産、地球科学、鉄道、生命工学、製薬の各作業分野の企業を担当するシニアテクニカルコンサルティング エンジニアです。現在は、モデルベース デザイン、検証、ビッグ データ解析、統計解析、並列分散処理などのソリューションを担当しています。大阪大学で情報工学の学士号と修士号を取得しています。