MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この2日間コースでは、効率的かつ、ロバストで構造化された MATLAB® コードを書くためのテクニックについて学びます。 これらのコンセプトは MATLAB でアプリケーション開発やアルゴリズム開発、そして既存機能の拡張を行う上で大変重要です。 コースではパフォーマンスの最適化のほか、コードの記述、デバッグ、プロファイリングを行うツール の利用方法について詳しく学ぶことができます。

  • データの構造化
  • 効率的なデータの管理
  • 開発ツールの利用
  • ロバストなアプリケーションの作成
  • コードの構造化
  • アプリケーションの動作の検証

1 日目


データの構造化

目的: MATLAB 内にデータを保存するための選択肢について学びます。

  • 使用可能なデータ型
  • 異種データのコンテナー型
  • 抽出と変換

効率的なデータの管理

目的: データの保存、操作、処理のパフォーマンスを向上させるための一般的なテクニックについて学びます。

  • メモリと効率性
  • 事前割り当て
  • ベクトル化
  • メモリの管理

開発ツールの利用

目的: コードの管理、問題の診断、アプリケーションのデバッグ、パフォーマンスの測定を行うツールについて学びます。

  • 複数のファイルのレポートの生成
  • コードの潜在的な問題の探索
  • コードのデバッグ
  • コードのパフォーマンスの評価

2 日目


ロバストなアプリケーションの作成

目的: 予想外の入力に対して、意味のあるエラーを発生させるロバストなアプリケーションを作成します。 エラー条件を処理するための標準的なテクニックとして、組み込み関数やプログラミング構文について学びます。

  • 関数入力の検証
  • エラー状態の扱い
  • 柔軟性の高い関数インターフェイスの作成

コードの構造化

目的: 読みやすく、かつ保守しやすい関数にコードをモジュール化します。また、MATLAB 言語で使用できるさまざまな関数を理解する とともに、各関数のトレードオフについても理解します。また、どの関数がコードのパフォーマンスや信頼性に影響するかを理解します。

  • プライベート関数
  • ローカル関数
  • 入れ子関数
  • 関数ハンドル
  • 無名関数
  • 優先順位
  • 関数の比較

アプリケーションの動作の検証

目的: テストを作成して、コードが要件を満たしていることを確認します。

  • テスト スクリプトの作成
  • テスト スクリプトの実行
  • テスト関数の使用

レベル: 中級

必要条件:

  • MATLAB 基礎 コースを受講された方。または、同等の MATLAB 使用経験がある方

期間: 2 日間

言語: Deutsch, English, Français, 한국어

スケジュールを確認して登録する