Main Content

wrcoef

1 次元ウェーブレット係数からの単一分岐の再構成

    説明

    x = wrcoef(type,c,l,wname) は、wname で指定されたウェーブレットを使用して、1 次元信号のウェーブレット分解構造 [c,l] (詳細は wavedec を参照) に基づいてタイプ type の係数ベクトルを再構成します。係数は最大の分解レベルで再構成されます。x の長さは、元の 1 次元信号の長さと等しくなります。

    x = wrcoef(type,c,l,LoR,HiR) は、再構成フィルター LoR および HiR を使用します。

    x = wrcoef(___,n) は、前述の構文のいずれかを使用して、レベル n の係数を再構成します。

    すべて折りたたむ

    1 次元信号を読み込みます。

    load sumsin
    s = sumsin;

    sym4 ウェーブレットを使用して、信号のレベル 5 ウェーブレット分解を実行します。

    [c,l] = wavedec(s,5,'sym4');

    ウェーブレット分解構造 [c,l] からレベル 5 の Approximation 係数を再構成します。

    a5 = wrcoef('a',c,l,'sym4');

    レベル 2 の Detail 係数を再構成します。

    d2 = wrcoef('d',c,l,'sym4',2);

    元の信号と再構成された係数をプロットします。

    subplot(3,1,1)
    plot(s)
    title('Original Signal')
    subplot(3,1,2)
    plot(a5)
    title('Reconstructed Approximation At Level 5')
    subplot(3,1,3)
    plot(d2)
    title('Reconstructed Details At Level 2')

    Figure contains 3 axes objects. Axes object 1 with title Original Signal contains an object of type line. Axes object 2 with title Reconstructed Approximation At Level 5 contains an object of type line. Axes object 3 with title Reconstructed Details At Level 2 contains an object of type line.

    入力引数

    すべて折りたたむ

    再構成する係数。Approximation 係数は 'a'、Detail 係数は 'd' としてそれぞれ指定します。

    1 次元信号のウェーブレット分解。実数値のベクトルとして指定します。ベクトルにはウェーブレット係数が含まれます。各レベルの係数がブックキーピング ベクトル l に格納されます。wavedec を参照してください。

    データ型: double | single

    ブックキーピング ベクトル。正の整数のベクトルとして指定します。ブックキーピング ベクトルは、ウェーブレット分解 c の係数をレベルごとに解析するのに使用されます。wavedec を参照してください。

    データ型: double | single

    ウェーブレット分解構造 [c,l] の作成に使用するウェーブレットの解析。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。wrcoef は、直交ウェーブレットまたは双直交ウェーブレットのみをサポートします。wfilters を参照してください。

    ウェーブレット再構成フィルター。偶数長の実数値ベクトルのペアとして指定します。LoR はローパス再構成フィルター、HiR はハイパス再構成フィルターです。LoRHiR の長さは等しくなければなりません。詳細については、wfilters を参照してください。

    係数レベル。非負の整数として指定します。type'a' のときは、n を 0 にすることができます。それ以外の場合、nn ≤ length(l)-2 を満たす厳密に正の整数です。n の既定値は length(l)-2 です。

    バージョン履歴

    R2006a より前に導入