Main Content

学習イメージ ラベラー

分類器の学習に使用するイメージのラベル付け

説明

学習イメージ ラベラー アプリは イメージ ラベラー アプリに置き換わります。代わりにイメージ ラベラーを使用します。

Training Image Labeler app

学習イメージ ラベラー アプリを開く

  • MATLAB® コマンド プロンプト: trainingImageLabeler と入力します。

    メモ

    関数 trainingImageLabelerイメージ ラベラー アプリを開きます。

すべて展開する

MATLAB コマンド ラインで trainingImageLabeler と入力するか、MATLAB デスクトップの [アプリ] タブから選択します。

メモ

関数 trainingImageLabelerイメージ ラベラー アプリを開きます。

プログラムでの使用

すべて展開する

trainingImageLabeler は、イメージ内のグラウンド トゥルース データにラベル付けするためのアプリを呼び出します。このアプリを使用して、四角形の関心領域 (ROI) を対話形式で指定できます。ROI は、分類器の学習に使用されるオブジェクトの位置を定義します。これは、関数 trainCascadeObjectDetector でサポートされている形式で学習データを出力します。この関数は、vision.CascadeObjectDetector 検出器を使用するようにモデルを学習させます。

メモ

関数 trainingImageLabelerイメージ ラベラー アプリを開きます。

バージョン履歴

R2014a で導入