Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

attributeType

ラベル付け用の属性タイプの列挙値

説明

attributeType 列挙値を使用して、次のラベル付けアプリで使用される属性のタイプを指定できます。イメージ ラベラービデオ ラベラーLIDAR ラベラー (Lidar Toolbox)、およびグラウンド トゥルース ラベラー (Automated Driving Toolbox) (Automated Driving Toolbox™ が必要)。labelDefinitionCreator オブジェクトまたは labelDefinitionCreatorMultisignal (Automated Driving Toolbox) オブジェクトを使用してラベル定義を作成するときは、これらの列挙値を使用して特定のタイプの属性を作成します。

作成

説明

attributeType('Numeric') は、数値属性タイプの列挙値を作成します。このタイプの属性は、数値のスカラー値です。プログラム用の書式である attributeType.Numeric を使用することもできます。

attributeType('String') は、string 属性タイプの列挙値を作成します。このタイプの属性は、string スカラーです。プログラム用の書式である attributeType.String を使用することもできます。

attributeType('Logical') は、logical 属性タイプの列挙値を作成します。このタイプの属性は、true (logical 1)、false (logical 0)、または空の logical 値です。プログラム用の書式である attributeType.Logical を使用することもできます。

attributeType('List') は、リスト属性タイプの列挙値を作成します。このタイプの属性は、事前定義された文字列のリストです。プログラム用の書式である attributeType.List を使用することもできます。

attributeType('None') は、未定義タイプの列挙値を作成します。プログラム用の書式である attributeType.None を使用することもできます。

オブジェクト関数

hasValueDetermine if the attribute type is numeric or logical

すべて折りたたむ

ラベル定義作成オブジェクトを作成し "Vehicle" という名前のラベルを追加します。ラベル タイプを四角形として指定します。

ldc = labelDefinitionCreator;
addLabel(ldc,'Vehicle',labelType.Rectangle);

ラベル "Vehicle" に "Color" という名前の属性を追加します。属性タイプをリストとして指定します。

addAttribute(ldc,'Vehicle','Color',attributeType.List,{'White','Green','Blue'})

関数infoを使用して、属性 "Color" に関する情報を構造体として表示します。出力構造体 colorStructType フィールドが属性のタイプを示しています。

colorStruct = info(ldc,'Vehicle/Color')
colorStruct = struct with fields:
           Name: "Color"
           Type: List
      ListItems: {'White'  'Green'  'Blue'}
    Description: ' '

R2018b で導入