ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

texlabel

シンボリック式の TeX 表現

説明

texlabel(expr) は、シンボリック式 expr を文字ベクトルで使用するために、等価な TeX に変換します。texlabel は、デルタなどのギリシャ語の変数名をギリシャ文字に変換します。titlexlabel および text などの注釈関数は TeX 文字ベクトルを入力として使用できます。LaTeX 表現を取得するには、latex を使用します。

texlabel(expr,'literal') は、ギリシャ文字の変数名を文字どおりに解釈します。

TeX 文字ベクトルの生成

texlabel を使用してこれらのシンボリック式の TeX 文字ベクトルを生成します。

syms x y lambda12 delta
texlabel(sin(x) + x^3)
texlabel(3*(1-x)^2*exp(-(x^2) - (y+1)^2))
texlabel(lambda12^(3/2)/pi - pi*delta^(2/3))
ans =
    '{sin}({x}) + {x}^{3}'

ans =
    '{3} {exp}(- ({y} + {1})^{2} - {x}^{2}) ({x} - {1})^{2}'

ans =
    '{\lambda_{12}}^{{3}/{2}}/{\pi} - {\delta}^{{2}/{3}} {\pi}'

texlabel にギリシャ文字の変数名を文字どおりに解釈させるためには、引数 'literal' を指定します。

texlabel(lambda12,'literal')
ans =
    '{lambda12}'

TeX を Figure に挿入

fplot を使用して y = x^2 をプロットします。texlabel を使用して text が Figure に挿入する TeX 文字ベクトルを生成し、プロットされた式 y を表示します。

syms x
y = x^2;
fplot(y)
ylabel = texlabel(y);
text(1, 15, ['y = ' ylabel]);

入力引数

すべて折りたたむ

変換される式。シンボリック式として指定します。

R2006a より前に導入