最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rewindAnimation

以前に再生されたアニメーション オブジェクトを巻き戻す

説明

rewindAnimation は、アニメーションの時間パラメーターを初期値に戻すことで、以前に再生されたアニメーション オブジェクトを巻き戻します。アニメーション オブジェクトは関数 fanimator を使用して作成しなければなりません。

rewindAnimation(fig) は Figure fig でアニメーション オブジェクトを巻き戻します。

すべて折りたたむ

移動する円のアニメーションを作成して、rewindAnimation を使用して巻き戻します。

まず、2 つのシンボリック変数 t および x を作成します。変数 t はアニメーションの時間パラメーターを定義します。t を使用して円の中心を (t,1) に設定し、x を使用して [-pi pi] の範囲内で円の周囲長をパラメーター化します。fanimatorを使用して、円のアニメーション オブジェクトを作成します。x 軸と y 軸が同じ長さになるように設定します。

syms t x
fanimator(@fplot,cos(x)+t,sin(x)+1,[-pi pi])
axis equal

コマンドplayAnimationを入力してアニメーションを再生します。既定では、playAnimation は、t の 0 から 10 までの範囲で、単位時間あたりの生成フレーム数を 10 としてアニメーションを再生します。rewindAnimation を使用して、アニメーションを巻き戻すことができます。rewindAnimation はアニメーションの時間パラメーターを初期値 (t = 0) に戻して、アニメーションの最初のフレームを表示します。

rewindAnimation

タイマー付きの移動する円のアニメーションを作成し、rewindAnimation を使用してアニメーションを巻き戻します。

まず、2 つのシンボリック変数 t および x を作成します。変数 t はアニメーションの時間パラメーターを定義します。アニメーションの Figure ウィンドウを作成します。

syms t x
fig = figure;

fanimatorを使用して、円のアニメーション オブジェクトを作成します。t を使用して円の中心を (t,1) に設定し、x を使用して [-pi pi] の範囲内で円の周囲長をパラメーター化します。アニメーションの時間パラメーターの範囲を [4 8] に設定します。x 軸と y 軸が同じ長さになるように設定します。

fanimator(@fplot,cos(x)+t,sin(x)+1,[-pi pi],'AnimationRange',[4 8])
axis equal

次に、タイマー アニメーション オブジェクトを追加します。関数textを使用して、経過時間をカウントするテキストを作成します。num2strを使用して時間パラメーターを文字列に変換します。

hold on
fanimator(@(t) text(8,3,"Timer: "+num2str(t,2)),'AnimationRange',[4 8])
hold off

playAnimationコマンドを入力して、4 ~ 8 秒間で Figure fig でアニメーションを再生します。

playAnimation(fig,'AnimationRange',[4 8])

rewindAnimation を使用して、以前に再生したアニメーションを巻き戻すことができます。rewindAnimation はアニメーションの時間パラメーターを初期値 (t = 4) に戻して、アニメーションの最初のフレームを表示します。

rewindAnimation(fig)

入力引数

すべて折りたたむ

ターゲット Figure。Figure オブジェクトとして指定します。Figure オブジェクトの詳細については、figure を参照してください。

R2019a で導入