ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ncfinv

非心 F 累積分布逆関数

構文

X = ncfinv(P,NU1,NU2,DELTA)

説明

X = ncfinv(P,NU1,NU2,DELTA) は、分子の自由度 NU1、分母の自由度 NU2 および正の非心度パラメーター DELTA を使用して、対応する P の確率に対する非心 F の累積分布逆関数を返します。PNU1NU2 および DELTA には、すべての同じサイズのベクトル、行列または多次元配列を指定できます。X は、このサイズと同じサイズになります。PNU1NU2 または DELTA がスカラー入力である場合は、他の入力と同じ次元をもつ定数行列に展開されます。

2つの標本分散を比較する仮説検定では、それらの比率を計算し、比率と F 分布とを比較します。分子と分母の自由度が、それぞれ 5 と 20 であるとすると、これらの比率が下記より小さい場合、1 つ目の分散が 2 つ目の分散と等しいという仮説を棄却することになります。

critical = finv(0.95,5,20)
critical =
  2.7109

1 つ目の分散が、2 つ目の分散の 2 倍であることが真であると仮定します。この差を検出する確率は、どのくらいでしょうか。

prob = 1 - ncfcdf(critical,5,20,2)
prob =
  0.1297

分散の真の比が 2 である場合、F 統計量について想定される通常 (平均) の値は何でしょうか。

ncfinv(0.5,5,20,2)
ans = 
    1.2786 

参考文献

[1] Evans, M., N. Hastings, and B. Peacock. Statistical Distributions. Hoboken, NJ: Wiley-Interscience, 2000.

[2] Johnson, N., and S. Kotz. Distributions in Statistics: Continuous Univariate Distributions-2. Hoboken, NJ: John Wiley & Sons, Inc., 1970, pp. 189–200.

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

| | | |

トピック

R2006a より前に導入