ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fstat

F 平均と分散

構文

[M,V] = fstat(V1,V2)

説明

[M,V] = fstat(V1,V2) は、分子の自由度 V1 と分母の自由度 V2 を使用して、F 分布の平均と分散を返します。V1V2 は、M および V のサイズと同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。V1 または V2 に対するスカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。パラメーター V1 および V2 には、正の実数値を含めなければなりません。

2 よりも大きい ν2 の値の F 分布の平均は次のようになります。

ν2ν22

4 よりも大きい ν2 の値の F 分布の分散は次のようになります。

2ν22(ν1+ν22)ν1(ν22)2(ν24)

ν2 が 3 未満の場合、F 分布の平均は定義されません。ν2 が 5 未満の場合、分散は定義されません。

fstat は、平均と分散が定義されないときに NaN を返します。

[m,v] = fstat(1:5,1:5)
m =
    NaN  NaN  3.0000  2.0000  1.6667
v =
    NaN  NaN  NaN  NaN  8.8889

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

| | |

トピック

R2006a より前に導入