ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

frnd

F 乱数

構文

R = frnd(V1,V2)
R = frnd(V1,V2,m,n,...)
R = frnd(V1,V2,[m,n,...])

説明

R = frnd(V1,V2) は、分子の自由度 V1 と分母の自由度 V2 を使用して、F 分布から乱数を生成します。V1V2 は、同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。V1 または V2 に対するスカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。パラメーター V1 および V2 には、正の実数値を含めなければなりません。

R = frnd(V1,V2,m,n,...) または R = frnd(V1,V2,[m,n,...]) は、パラメーター V1 および V2 を使用した F 分布からの乱数を含む m X n X ... 配列を生成します。V1 および V2 は、それぞれ、R と同じサイズのスカラーまたは配列になります。

n1 = frnd(1:6,1:6)
n1 =
  0.0022  0.3121  3.0528  0.3189  0.2715  0.9539

n2 = frnd(2,2,[2 3])
n2 =
  0.3186  0.9727  3.0268
  0.2052 148.5816  0.2191

n3 = frnd([1 2 3;4 5 6],1,2,3)
n3 =
  0.6233  0.2322  31.5458
  2.5848  0.2121  4.4955

拡張機能

参考

| | | |

トピック

R2006a より前に導入