Main Content

intersect

(非推奨) データセット配列の観測の共通集合

dataset データ型は推奨されません。異種混合データを処理するには、代わりに MATLAB® table データ型を使用します。詳細は、MATLAB table ドキュメンテーションを参照してください。

説明

C = intersect(A,B) は、dataset 配列 A および B について、これら 2 つの配列から重複を除いた観測値の共通集合を返します。データセット配列 C の観測値は並べ替えられた順番になります。

C = intersect(A,B,vars) は、vars で指定された変数のみを考慮して、2 つの配列から重複を除いた観測の共通集合を返します。データセット配列 C の観測は、これらの変数によって並べ替えられています。

C の各観測の vars で指定されていない変数の値は、A の対応する観測から取得します。AC の観測に対応する観測が複数ある場合、その最初の観測で取得された値が使用されます。

C = intersect(A,B,vars,setOrder) は、C の観測値を setOrder で指定された順序で返します。

[C,iA,iB] = intersect(___) は、C = A(iA,:) および C = B(iB,:) となるインデックス ベクトル iA および iB も返します。A または B で重複した観測値があると、intersect はその最初の出現位置のインデックスを返します。前の入力引数のいずれも使用できます。

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。dataset オブジェクトとして指定します。

変数名。string 配列、文字ベクトルの cell 配列、または変数の列番号が格納された整数のベクトルとして指定します。vars は、intersect で対象とする A および B の変数を示します。

すべての変数の既定値を使用するには、vars[] として指定します。

結果の配列 C における観測値の並べ替え順序を示すフラグ。'sorted' または 'stable' として指定します。

'sorted'C の観測値は並べ替えられた順番になります (既定の設定)。
'stable'C の観測値は A 内の出現順と同じ順序に配置されます。

出力引数

すべて折りたたむ

AB の観測値の重復を除いた共通集合。dataset オブジェクトとして返されます。C は並べ替えられた順になるか (既定の設定)、setOrder で指定された順序になります。

B と共通となる A の観測値を示すインデックス ベクトル。整数のベクトルとして返されます。A に重復観測値があると、ベクトル iA には、その最初の出現値に対するインデックスが格納されます。

A と共通となる B の観測値を示すインデックス ベクトル。整数のベクトルとして返されます。B に重復観測値があると、ベクトル iB には、その最初の出現値に対するインデックスが格納されます。

バージョン履歴

R2012b で導入