ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

予測用のコード生成とコーダー コンフィギュアラーの使用による更新

コーダー コンフィギュアラーには、コード生成オプションの設定、C/C++ コードの生成、および生成されたコード内のモデル パラメーターの更新を行うための便利な機能があります。

  • コード生成オプションを設定し、オブジェクトのプロパティを使用してモデル パラメーターのコーダー属性を指定します。

  • generateCode を使用して、モデルの関数 predict および update に対して C/C++ コードを生成します。これには、MATLAB® Coder™ が必要です。

  • コードを再生成せずに、生成された C/C++ コードのモデル パラメーターを更新します。この機能により、新しいデータまたは設定でモデルに再学習をさせるときに、C/C++ コードの再生成、再展開および再確認に必要な作業が不要になります。モデル パラメーターを更新する前に、validatedUpdateInputs を使用して更新対象のモデル パラメーターを検証および抽出します。

次のフロー チャートは、コーダー コンフィギュアラーを使用した関数 predict および update に対するコード生成のワークフローを示します。

次の表に、サポートされる機械学習モデルに対応するコーダー コンフィギュアラー オブジェクトを示します。

モデルコーダー コンフィギュアラー オブジェクト
サポート ベクター マシン (SVM) 回帰RegressionSVMCoderConfigurer
1 クラスおよびバイナリ分類用の SVMClassificationSVMCoderConfigurer
SVM 用のマルチクラス モデルClassificationECOCCoderConfigurer

詳細と例については、コーダー コンフィギュアラー オブジェクトのリファレンス ページを参照してください。

参考

| | | |

関連するトピック