Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Function ブロックの基礎

MATLAB® 関数の Simulink® モデルへの統合

MATLAB Function ブロックを使用して MATLAB 関数を Simulink モデルに実装し、コードと組み込みコードをプロセッサに展開します。MATLAB Function ブロックを使用して、読み取り可能で効率的かつコンパクトな C/C++ コードを生成し、デスクトップおよび組み込みアプリケーションに展開できます。

ツール

MATLAB Function ブロック エディターMATLAB Function ブロックの MATLAB コードの作成、編集、デバッグ

ブロック

MATLAB Function組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含める

オブジェクト

MATLABFunctionConfigurationMATLAB Function block property configuration
Stateflow.EMChartStateflow interface to MATLAB Function block

トピック

トラブルシューティング

MATLAB Function ブロックのデバッグ

シミュレーション中の MATLAB Function ブロック コードのデバッグ。

MATLAB Function ブロック、Chart ブロック、および Truth Table ブロックでの代数ループ エラーの回避

フィードバック ループでの MATLAB Function ブロック、Chart ブロック、および Truth Table ブロックの使用に関する制限に従う。

MATLAB 関数での永続変数の初期化

特殊なセマンティクスは、関数が永続データを初期化する方法に影響を与えます。