Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

パラメーター引数の追加

MATLAB Function ブロックのパラメーター引数は、その値を Simulink® モデルの信号から受け取りません。代わりに、Simulink はワークスペース階層を上方に検索します。MATLAB Function ブロックまたは親サブシステムがマスクされている場合、Simulink はマスクされているワークスペースを最初に検索します。値が見つからない場合、最初にモデル ワークスペース、次に MATLAB® ベース ワークスペースという順番で検索します。

MATLAB Function ブロックをマスクすることで、パラメーターのカスタム インターフェイスを用意できます。ブロックのマスクを作成すると、パラメーターごとのアクセスを定義できます。

  1. MATLAB Function ブロック エディターで、MATLAB Function ブロックの関数ヘッダーに引数を追加します。引数の名前は、MATLAB Function ブロックに渡すマスク パラメーターまたは MATLAB 変数の名前と一致しなければなりません。

    新しい引数が入力端子としてモデルの MATLAB Function ブロックに表示されます。

  2. MATLAB Function ブロック エディターで、[データの編集] をクリックします。

  3. 新しい引数を選択します。

  4. [スコープ][パラメーター] に設定して、[適用] をクリックします。

    これで、パラメーター引数用の入力端子は MATLAB Function ブロックに表示されません。

メモ

MATLAB の整合性を保つため、パラメーター引数は MATLAB Function ブロックの関数ヘッダーに引数として表示されます。そのため、MATLAB Function ブロック内の関数をコピーして MATLAB に貼り付けることで、関数をテストすることができます。

関連するトピック