Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バリアント ソースとバリアント シンクの定義と構成

Simulink® では、モデル内のバリアントの選択のすべての可能な実装をグラフィカルに可視化するために使用できる 2 つのブロックが提供されています。これらのブロックは Variant Source および Variant Sink と呼ばれています。

モデルをコンパイルする際、Simulink が、どのバリアント制御が true に評価されるかを決定します。アクティブなバリアントの決定はコンパイルの早い段階で行われます。Simulink は true であるバリアント制御に結び付けられていないブロックを非アクティブにし、アクティブな接続を可視化します。

  1. Variant Source および Variant Sink ブロックをモデルに追加します。

    これらのブロックはバリアントの選択を有効にする端子を有効にします。

  2. Simulink ライブラリ ブラウザーからのブロックを使用して、バリアントの選択を表すソースとシンクを作成します。選択肢を Variant Source ブロックおよび Variant Sink ブロックの入力端子と出力端子に接続します。

  3. MATLAB® コマンド プロンプトで、バリアント ソースのアクティブ化条件を構成する制御変数を指定します。

    V = Simulink.Parameter(1);
    

  4. Variant Source ブロックを右クリックし、[ブロック パラメーター (VariantSource)] を選択します。

  5. [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスの [バリアント制御] 列で、いずれかの選択肢の隣に V==1 を入力し、別の選択肢の隣に V==2 を入力します。[適用] をクリックします。そうしない場合は変更内容は保存されません。

    Simulink は、シミュレーションで 1 つのバリアントのみがアクティブになることを検証します。制御条件でバリアントがアクティブにならない場合、Simulink はシミュレーションに既定のバリアントを使用します。

  6. MATLAB コマンド プロンプトで、バリアント シンクのアクティブ化条件を構成する制御変数を指定します。

    W = Simulink.Parameter(2);
    

  7. Variant Sink をダブルクリックします。[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスの [バリアント制御] 列で、いずれかの選択肢の隣に W==1 を入力し、別の選択肢の隣に W==2 を入力します。

  8. [適用] をクリックします。そうしない場合は変更内容は保存されません。

  9. モデルのシミュレーションを実行します。Simulink はバリアント条件を伝播し、有効にするモデル コンポーネントを特定します。

  10. バリアントの各選択を有効にする条件を可視化できます。ツールストリップの [デバッグ] タブで、[情報のオーバーレイ][バリアント条件]を選択します。

  11. [バリアント条件の凡例] ダイアログ ボックスで、ハイパーリンクされたバリアント条件の注釈をクリックすると、それぞれの条件によって有効になるモデルの部分が表示されます。

関連する例

詳細