ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

単純なバリアント モデルの作成

  1. バリアント ブロックを含んだモデルを作成します。たとえば、Variant Subsystem ブロック (Controller) を含むVariant Subsystemを参照してください。

  2. バリアントの選択がアクティブになる条件を決定するバリアント制御変数を定義します。

    1. バリアント ブロックを右クリックし、[ブロック パラメーター] をクリックします。バリアント ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスが開きます。

    2. バリアント条件の評価に基づいてアクティブなバリアントを選択するには、[式] モードを使用するか、[Label] モードを選択します。[バリアント制御モード][ラベル] を選択すると、[ラベル モードのアクティブな選択肢] オプションが有効になります。[Label] モードでは、グローバル ワークスペースでバリアント制御を作成する必要はありません。[ラベル モードのアクティブな選択肢] オプションからアクティブなバリアントの選択肢を選択できます。

    3. [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで使用可能なオプションを使用し、バリアント制御とそれに対応するバリアント条件を追加します。

      Expression モードのサンプル スクリーンショットを以下に示します。

      Label モードのサンプル スクリーンショットを以下に示します。

      メモ

      バリアント制御とバリアント条件の指定に使用する変数は、グローバル ワークスペースまたはモデルのデータ ディクショナリで定義しなければなりません。

  3. アクティブなバリアントの選択がない場合に使用する既定のバリアント条件を指定します。[バリアント制御] ドロップダウン メニューを使用して既定を指定します。

  4. バリアントの選択をアクティブにするには、MATLAB® コマンド ウィンドウにバリアントの選択を入力します。たとえば、VSS_MODE = 2 と入力します。

  5. モデルのシミュレーションを実行するには、[シミュレーション][実行] をクリックします。指定したアクティブな選択に対するモデルのシミュレーションが実行されます。

  6. アクティブな選択を変更し、必要に応じてもう一度モデルのシミュレーションを実行します。

  7. プリプロセッサ条件でバリアント モデルのコードを生成します。

    メモ

    コードを生成するには Embedded Coder® ライセンスが必要です。

    1. [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで [ブロック線図の更新中にすべての選択肢を解析し、プリプロセッサの条件を生成する] チェック ボックスをオンにします。

    2. Subsystem の [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。[Atomic サブシステムとして扱う] パラメーターを選択します。

    3. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成] セクションで、[システム ターゲット ファイル]ert.tlc として指定します。

    4. モデル エクスプローラーで、バリアントの選択を指定するのに使われる変数を MATLAB 変数または Simulink.Parameter として定義します。Simulink.Parameter のデータ型は IntegerBoolean または Enumerated の型にすることができ、ストレージ クラスは importedDefine(Custom)Define(Custom) または CompilerFlag のいずれかにすることができます。

  8. グローバル ワークスペースに定義したバリアントの制御変数を MAT ファイルにエクスポートします。たとえば、MATLAB コマンド ウィンドウに次のように入力します。

    1. save <MAT-File Name> <Variable Name>

    2. PostLoadCallback > load <MAT-File Name>

メモ

Variant Subsystem ブロックを含むアクティブなモデルを更新または最新の表示にするには、Simulink®[ブロック線図][ブロックの更新] (Ctrl + K) または [Simulink][ブロック線図の更新] (Ctrl + D) をクリックします。

関連するトピック