Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

validateModel

クラス: Simulink.VariantConfigurationData
パッケージ: Simulink

モデルの階層構造内のすべてのバリアント ブロックを有効化および検証

構文

Simulink.VariantConfigurationData.validateModel(modelName)
Simulink.VariantConfigurationData.validateModel(modelName,configName)

説明

Simulink.VariantConfigurationData.validateModel(modelName) は、シミュレーション中にモデルと参照モデルを有効化および検証します。

Simulink.VariantConfigurationData.validateModel(modelName,configName) は、オプションでバリアント コンフィギュレーションを使用して、シミュレーション中にモデルと参照モデルを有効化および検証します。

入力引数

modelName

モデルの名前

configName

有効化または検証されるコンフィギュレーションの名前。

  1. モデル ファイルにパスを追加します。

    addpath(fullfile(docroot,'toolbox','simulink','examples'));
    

  2. モデルを読み込みます。

    load_system('slexVariantManagement');

  3. コンフィギュレーション LinInterExpNoNoise を使用してモデル slexVariantManagement を有効化および検証します。

    [valid, errors] = Simulink.VariantConfigurationData.validateModel...
      ('slexVariantManagement','LinInterExpNoNoise')