最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getAsDatastore

クラス: Simulink.sdi.DatasetRef
パッケージ: Simulink.sdi

要素を sdidatastore オブジェクトとして取得する

構文

[elementDatastore, name, index] = SDIDatasetRef.getAsDatastore(arg)

説明

[elementDatastore, name, index] = SDIDatasetRef.getAsDatastore(arg) は要求された要素を matlab.io.datastore.sdidatastore オブジェクトとして、要素名およびインデックスとともに返します。

入力引数

すべて展開する

Simulink.sdi.DatasetRef オブジェクトから要素を取得するために使用される検索基準。名前ベースの検索では、arg を文字ベクトルとして指定します。インデックスベースの検索では、arg は整数で、目的の要素のインデックスを表します。

例: 'MySignal'

例: 3

出力引数

すべて展開する

matlab.io.datastore.sdidatastore オブジェクトとしての要素。

要素の名前。

Simulink.sdi.DatasetRef オブジェクトの要素のインデックス。

すべて展開する

この例では、Simulink.sdi.DatasetRef オブジェクトの信号に対して sdidatastore オブジェクトを作成する方法を示します。

% Simulate model sldemo_fuelsys to create a run of logged signals
sim('sldemo_fuelsys')
% Get the runID
runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runID = runIDs(end);

% Get the run object
fuelRun = Simulink.sdi.getRun(runID);

% Make a Simulink.sdi.DatasetRef object
run_DSRef = fuelRun.getDatasetRef;

% Get the names of the elements in the object
names = run_DSRef.getElementNames
names = 16x1 cell array
    {'CheckRange'                   }
    {'air_fuel_ratio'               }
    {'speed'                        }
    {'map'                          }
    {'ego'                          }
    {'throttle'                     }
    {'fuel'                         }
    {'EGO Fault Switch:1'           }
    {'Engine Speed Fault Switch:1'  }
    {'MAP Fault Switch:1'           }
    {'Throttle Angle Fault Switch:1'}
    {'ego_sw'                       }
    {'engine_speed'                 }
    {'speed_sw'                     }
    {'map_sw'                       }
    {'throttle_sw'                  }

% Get sdidatastore object for fuel signal
fuel_ds = run_DSRef.getAsDatastore(10);

代替方法

matlab.io.datastore.sdidatastore を使用して指定された信号の sdidatastore オブジェクトを作成できます。

R2017b で導入