ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

signalEditor

信号エディターを起動

構文

signalEditor
signalEditor(Name,Value)

説明

signalEditor は関連付けられたモデルを使用せずに信号エディターを起動します。

signalEditor(Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数で指定された追加のオプションを使用して、信号エディターを起動します。

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の組み合わせ引数を指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は一重引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、名前と値のペア引数を任意の順序で指定できます。

  • Model - モデル名。信号エディターを起動する文字配列として指定します。関数 signalEditor の呼び出しごとに 1 つのモデルを指定できます。

    メモ

    モデルの信号エディターを起動する前にモデルを読み込みます。

  • DataSource - データセット名。文字配列として指定します (要編集)。関数 signalEditor の呼び出しごとに 1 つのデータセット ファイルを指定できます。

    メモ

    同じモデルに対して信号エディターの複数のセッションを起動できます。ただし、データセット ファイルに関連付けられる信号エディターは一度に 1 つのみです。データセット ファイルに複数の信号エディターのセッションを関連付けることはできません。

すべて折りたたむ

slexAutotransRootInportsExample モデルの信号エディターを起動します。

slexAutotransRootInportsExample モデルを読み込んでから、その信号エディターを起動します。

open_system('slexAutotransRootInportsExample')
signalEditor('Model', 'slexAutotransRootInportsExample'); 

信号エディターを起動して myFile.mat を編集します。

signalEditor('DataSource','myFile.mat');

slexAutotransRootInportsExample モデルを読み込んでから、そのモデルの信号エディターを起動し、myFile.mat を編集します。

open_system('slexAutotransRootInportsExample')
signalEditor('Model','slexAutotransRootInportsExample','DataSource','myFile.mat');

R2017b で導入